2018年も日々変化した「日吉・綱島・高田」、ニュースや出来事のまとめ

横浜日吉新聞

2018(平成30)年も残りあとわずかになりました。地震や水害などの自然災害が多発し、“平成最後”という言葉が躍った1年間を振り返れるように、今年の日吉・綱島・高田エリアの動きを「横浜日吉新聞」に掲載された記事のなかから、月ごとに主な内容をまとめてみました。

(※)新横浜など港北区南部エリアの2018年ニュースの「まとめ」はこちらに掲載

1月28日(日)で閉店した「不二家レストラン高田町店」

<1月>

  • Jリーグ「横浜F・マリノス」の日吉出身・富樫敬真(けいまん)選手が2019年1月末までの期間限定で「FC東京」へ移籍(記事
  • 日吉浜銀通り近くの関西うどん店「松や」跡は“煮干し”ラーメン店「濱星(はまぼし)」に(記事
  • 綱島SST至近の箕輪町2丁目、工場跡地の58戸マンション名は「プラウド日吉クロス」に決定(記事
  • 「下田町東公園」「日吉本町三丁目公園」「綱島東五丁目公園」を全面改良、3月下旬まで閉鎖(記事
  • 相鉄が初の“東急乗り入れ仕様”の新型車両を発表、目黒・東横線方面向けに自信作(記事
  • 高田エリアの貴重なファミレス「不二家レストラン」が1月28日(日)で約40年の歴史に幕(記事
  • 大流行のインフルエンザは「B型」が66%超、過去5年間で最悪の水準で日吉・綱島・高田でも学級閉鎖も相次ぐ(記事
  • 2019年9月~10月ごろにセンター南駅で「パスポートセンター」新設を横浜市が発表(記事
  • 「子育て施設」の存在を知らせる港北区独自の電柱看板、保育所周辺の143カ所に新設へ(記事
  • ネットを使わない高齢層を対象に港北区密着の月刊紙「えがお」を創刊(記事
  • 日吉2丁目の学生寮「日吉インターナショナルハウス」跡は86戸「ジェイグランディア日吉」に決定(記事

長福寺交差点などがある綱島街道の綱島東2丁目区間は道幅も歩道も狭い

<2月>

  • 綱島街道の拡幅は「北綱島~綱島交差点」間で先行、2018年度中の着手を市が表明(記事
  • 日吉駅前サンロードの喫茶店「コロラド」が2月15日で閉店(記事
  • 浜銀通り近くのパスタレストラン「マリーン」が2月末で閉店(記事
  • 1320戸の箕輪町計画で住民545人がマンション壁面と小学校を離すよう「請願」、横浜市会は“否決”(記事
  • 綱島西4の「いなげ」や裏手で30戸のマンション計画、明和地所が2019年夏までに「クリオ横濱綱島ガーデンマークス」(記事
  • テレビ朝日の旅番組「路線バスで寄り道の旅」、2月25日(日)放送で綱島から日吉ルートが登場(記事

3月30日のアピタテラス横浜綱島の開店時には、港北区の横山区長(当時)やユニーの佐古社長らがテープカットを行った

<3月>

  • 日吉東急で閉店した「大塚製靴シュー・パブ跡」に3月1日(木)から「ABCマート」が出店(記事
  • 慶應日吉キャンパス内の高級フランスレストラン「クイーン・アリスガーデンテラス日吉」が3月25日(日)で閉店(記事
  • 文具・雑貨店「井口文華堂」が中央通りの店舗を3月中に閉店し裏手へ移転(記事
  • 日吉7丁目の宮前中町バス停近く弁当店跡に「コインランドリー」が開店(記事
  • グリーンライン10周年記念で港北区民など限定で小学生向けに「体験イベント」(記事
  • 日吉5丁目「パームスプリングス」がゴルフ練習場の芝生を開放する初のイベント(記事
  • 中央通り近くにご飯や和のおかずにこだわる和食店「松の葉」がオープン(記事
  • 北綱島特別支援学校は保土ケ谷・上菅田特別支援の「分校」に、市教委は“再編計画”を撤回せず(記事
  • グリーンラインを2022(平成34)年度から順次「6両化」へ、一部編成のみで実施(記事
  • 綱島温泉を発見したのは誰か、戦前までを振り返る研究を「横浜開港資料館」が発表(記事
  • 日吉台学生ハイツ跡に「伊藤忠商事日吉寮」が完成、独身男性社員向けに7階建て361室(記事
  • 下田地蔵尊前バス停のネパール・インド料理店「ドルガ(DURGA)下田町店」解体、一戸建て住宅に(記事
  • バス停に残った「松下通信前」の名、まちびらきを機に「綱島SST」へ変更(記事
  • 綱島SST裏手で「コインランドリーピエロ綱島東店」が3月16日に開店(記事
  • 「ドンキ日吉店」が精肉の取り扱い開始、至近のアピタテラス開店に“対抗”か(記事
  • 「綱島SST」がまちびらき、先端技術と人を集め“イノベーション創出”を目指す(記事
  • 2018年公示地価で綱島SST周辺の「綱島東4丁目宅地」が県内トップの上昇率に(記事
  • シニアの就業やボランティア先を紹介するアピタテラス内の「港北区生きがい就労支援スポット」は3月30日に開始(記事
  • 「アピタテラス横浜綱島」が3月30日に正式開店、“多頻度来店型”のショッピングセンターを目指す(記事

2018年で創立60周年を迎えた箕輪町の「写真専門学校」

<4月>

  • 箕輪町2丁目「写真専門学校」内に内閣府主導の事業で0~2歳児向け保育園(記事
  • 北加瀬の再開発「コトニアガーデン」で全13テナントが4月2日までに開店(記事
  • 綱島温泉の名残を求め歴史散策、開港資料館のツアーに定員の4倍が応募(記事
  • 日吉駅徒歩6分の「赤門坂」近くで一戸建て14戸計画、日吉本町1丁目の駐車場跡に(記事
  • 日吉駅前中央通りの「自然食品の店F&F」がリニューアル開店(記事
  • 「港北オープンガーデン」は最多の87会場、日吉の森庭園など11会場が初参加で開催(記事
  • 3年間で港北区内約1658人の定員増も希望する保育所へ入れない「保留児童」は4月1日現在でまだ500人超(記事

400席が設けられ、2023年以降に新設される「区民文化センター」(綱島東1丁目)ホールのイメージパース(「広報よこはま」港北区版2018年5月号より)

<5月>

  • セブンイレブンの「シェアサイクル」が日吉・綱島・高田エリアでも拡大中(記事
  • 下田町5丁目でスーパー誘致の動きもあった旧サミット裏手は「ドラッグセイムス」に(記事
  • 綱島温泉の旅館跡だった「新水パーキング」が解体、駅開業までにビル建設を予定(記事
  • 新綱島駅の「区民文化センター」は400席規模のホールとし開館は2023年4月以降に(記事
  • 商店街グルメNo.1決める「ガチ!シリーズ」テーマは炒飯、日吉駅前から初参加、綱島も4年ぶり出場(記事
  • 綱島東口の駅前「高層複合ビル」は330戸を想定、新綱島側より大規模な計画であることが判明(記事
  • 10周年迎えた慶應日吉の大学院「SDM研究科」が5月13日に記念イベント、連続公開講座も(記事
  • 5月の週末は松の川遊歩道で「緑道まつり」や日吉や綱島で「オープンガーデン」(記事
  • 下田町6丁目の下田町交差点近くに100室の「介護付有料老人ホーム」、2019年4月にマンション跡に開設(記事
  • 日吉駅前サンロード近くにピザとイタリアンの店「ピッツェリア レジスタ」がオープン(記事
  • アピタテラスに約40名収容の「会議室」、地域向け貢献施設として1階に開設(記事
  • 川崎拡大のついでに日吉でも静かに始まっていた、世界的な飲食配達サービス「ウーバーイーツ」(記事
  • 5月下旬から日吉エリアで「不審者」の出没目立つ、隣接の南加瀬でも(記事
  • 箕輪町の新小学校は11月に着工へ、校舎4階上部にプール設け開校予定は2020年4月(記事

日吉駅に近い箕輪町1丁目で3月に完成した伊藤忠商事の日吉寮は独身男性社員向けに361室を備える

<6月>

  • 6月2日に綱島公園で「移動動物園」、地元保育所が20年続ける地域交流の人気企画(記事
  • 日吉駅前の浜銀通りの三井住友銀行ATMコーナー跡に「ペットショップ」(記事
  • 南日吉商店街の「夜店」は6月から10月まで4回、仕掛け人の小嶋純一さんが抱く街づくりへの想い(記事
  • 高田小と高田東小で2019年4月から19時まで居場所を提供する「放課後キッズクラブ」化へ(記事
  • 相鉄直通線の「新横浜トンネル」工事で説明会、掘進は1日最大14メートル(記事
  • 1996年にゼロから立ち上げた普通部通り近くの「カルチャー日吉」、女性創業者が語る想い(記事
  • 綱島SSTとマンション建設で綱島東4・5丁目の人口増加、企業独身寮が完成した箕輪町1丁目も(記事
  • NY留学や離島での経験も、綱島・日吉の将来を見据えアピタテラスに新クリニック(記事
  • 高田の新聞販売店がSNSに挑戦、地域に届けたいニュースや話題を発信(記事
  • 日吉・綱島の小学校7校に「仮想発電所」を設置、非常時の活用や電力のエコ化も(記事
  • 「災害時に身を守る」日吉の消防団、 働き盛り世代が参加する理由とは(記事
  • JR西日本系がまたマンション計画、首都圏進出の足掛かりは日吉駅の周辺か(記事

慶應塾高が10年ぶりの甲子園出場に日吉駅前商店街の店舗では出場を伝えるポスターが早速貼り出された

<7月>

  • アピタテラス内に「眼科」と「コンタクトレンズ店」が7月1日にオープン(記事
  • 日吉中央通りの井口文華堂跡にドラッグストア「ハックドラッグ」が進出(記事
  • 「いなげや横浜綱島店」が5日間の休業、リニューアル開店は7月7日に(記事
  • 日吉駅と「富士山五合目」を結ぶ高速バス、7月9日から9月2日まで初運行(記事
  • 綱島以来19年ぶりに区内で「花火大会」、7月26日に鶴見川沿いの新横浜で4000発(記事
  • 「赤門坂」で相次ぐ月極駐車場跡の宅地開発、日吉本町2丁目側でも5区画を販売(記事
  • 東急バスのダイヤ改正でコンフォール行は減便、綱島東四丁目循環はアピタ開店で増便(記事
  • 日吉5丁目で続く住宅新設、アパートを解体し4階建て16戸、別の駐車場跡でも動き(記事
  • 高校野球で「日吉対決」実現、左腕エースの投手戦は慶應が勝利、日大は7回に力尽きる(記事
  • 野村不動産が箕輪町の再開発地に交流スペース「吉日楽校」、初イベントも(記事
  • 日吉七郵便局近く、生鮮品も扱う「ローソンストア100」が7月22日に閉店(記事
  • 綱島東5で「流しそうめん」イベント、7月22日に法人会が地域貢献で初企画(記事
  • 諏訪神社例大祭での担ぎ手を募集、7月22日に綱島東で初の「おみこしフェスタ」(記事
  • 日吉東急1階のフラワーショップ「成田花園」が閉店、貴重な地元老舗テナント(記事
  • 2018年日吉の「盆踊り」は7月下旬の週末に集中、台風接近で延期を決めた会場も(記事
  • 連日の猛暑と台風の接近で綱島伝統の「子どもすもう大会」が中止に(記事
  • グリーンライン・高田駅が深すぎる理由、夏休みの研究にも適した市交通局「キッズページ」は意外な発見も(記事
  • 高田西で1時間弱にわたって停電、台風接近中の7月28日夜に800軒以上で(記事
  • 綱島SST・アピタ~日吉駅間の移動に「電動シェア自転車」、7月23日からスタート(記事
  • 日吉は「新築マンション大量供給」時代に、大塚製靴やアピタ跡で販売へ向け動き(記事
  • 坪単価が40%上昇した綱島東エリアの「新築マンション」、平均価格は6000万円超(記事
  • 慶應塾高が2008年以来10年ぶりに「夏の甲子園」出場決める、日吉駅前でも号外配布(記事

記録的な猛暑だった夏を締めくくった綱島の「諏訪神社例大祭」(8月26日)

<8月>

  • 綱島台が発祥、日吉駅前などに6医院を展開する「仁愛会歯科」が綱島東口にも進出(記事
  • 日吉東急に菓子・パンの材料専門「富澤商店」が出店、1階デイリーマート内に(記事
  • いなげや南加瀬店近くに「スギドラッグ」、旧リサイクル店跡の新築マンション1階で(記事
  • 慶應塾高の甲子園出場で日吉駅前商店街も盛り上がる、巨大な「必勝丼」メニューも(記事
  • 日吉本町の子育て施設「こんぺいとう」が10周年イベントを開催、仲間作りや悩み相談も(記事
  • 和風甘味「浜大」が8月10日で閉店、学生向け低価格の難しさを実感(記事
  • 都が都営三田線「8両化」の方針を決定、東急目黒線とメトロ南北線の対応が焦点(記事
  • 慶應塾高の10年ぶり「夏の甲子園」は2回戦で終える、高知商の強力打線を止められず(記事
  • 高田駅近くの道路沿い「セブン」が閉店、高田小学校入口近くでは8月30日に新店舗(記事
  • 「日吉の街に、これが足りない!」テーマに初のまちづくりフォーラムを8月26日に開催(記事
  • 港北区最後の下田町「サンクス」が8月末で閉店、9月13日から「ファミマ」に転換(記事
  • 元ビジネスマンらも愛用、箕輪町で創業40年・老舗理容店が目指す「日吉らしさ」とは(記事

珠鴻(しゅーこう)の「エビチリあんかけチャーハン」と龍華の「牛肉入り黒チャーハン」(写真下)(写真はいずれもガチチャーハン!の公式サイトより)

<9月>

  • 日吉駅前「コロラド」跡に新たなカフェ、社会貢献目指す30代経営者が9月から(記事
  • 日吉・綱島の両商店街からエントリーの「チャーハン」はいずれも“銅賞”で入賞(記事
  • 矢上小近くの「梅里カントリークラブ」が初の地域イベント、9月23日に感謝祭(記事
  • 港北区内「民泊」の半分は日吉の住宅、大学の街だけに貴重な宿泊場所(記事
  • 駅前東口ラーメン店「綱島商店」と日吉浜銀通り「がっとん」の運営会社が上場(記事
  • 6月に上場した日吉7丁目の医薬品事業者「コーア商事HD」、傘下4社で社長交代(記事

一連の買収により、伊藤忠商事を頂点とした“ファミマ・ドンキ・ユニー”の新たな流通グループが形作られることに

<10月>

  • 9月30日深夜の台風24号の暴風で倒木被害、夢見ヶ崎公園「秋の動物園まつり」が中止に(記事
  • 日吉駅前の“ポイ捨て”一掃へ本腰、10月から市が「美化推進重点地区」に指定(記事
  • 川崎信金で唯一の土曜営業店だった日吉営業所で土曜休業化、綱島含め全店で窓口営業も1時間短縮(記事
  • 10月発足の第4次安倍内閣「財務副大臣」に神奈川7区から選出の鈴木馨祐衆院議員(記事
  • 日吉東急へ“鳩サブレー”の鎌倉豊島屋が10月4日出店、1階の出入口近くに(記事
  • 箕輪小学校の「土地価格」は適正だったのか、10月4日夜に市の購入経緯を考える学習会(記事
  • プロバスケBリーグの「ビーコル」、日吉・綱島地区で10月6日に初イベント(記事
  • 野村不動産の社長らが箕輪町で会見、「プラウドシティ日吉」が同社戦略の試金石に(記事
  • 日吉5丁目の「学生寮」は中止、ワンルーム50戸に物販・医院・保育所が入る計画に(記事
  • ついにアピタは「ドンキ」子会社に、両社店舗が近接する日吉・綱島での思いと行方(記事
  • 日吉駅前の「ミスド」が刷新、パスタや麺類などランチメニューの取扱店に(記事
  • 日吉本町駅の至近マンション計画は「プラウド日吉本町」の名、10月下旬から販売へ(記事
  • 飲食店の配達サービス「ウーバーイーツ」、日吉・綱島・高田の全域から利用可能に(記事
  • 綱島東小の裏手に定員60人の新たな認可保育所、2019年4月に「明日葉保育園」(記事
  • グリーンライン「日吉駅~鶴見駅」間の事業化検討を明記、京浜臨海部のプランで(記事
  • 綱島温泉で最古の旅館跡「入船亭」が解体、新綱島駅の再開発準備が本格化(記事
  • 日吉東急に時計専門店「タイムランド」が出店へ、電池交換や修理も対応(記事
  • 綱島駅東口の臨港バス乗場近く、寿司店跡の空地に鶏居酒屋チェーンが進出計画(記事
  • 綱島駅発の市バス「鶴見行13系統」は黒字6800万円、「横浜駅行59系統」は赤字拡大(記事
  • 2019年2月の新ビル完成移転でスペースも拡張、日吉に根差す美容室グループの挑戦(記事
  • 綱島駅東口の「子母口綱島線」横断歩道、歩行スペース拡大へ駐輪場の一部活用案も(記事
  • 綱島駅構内の改札外「売店」が10月末に閉店、東横線高架橋の耐震工事で(記事
  • 変わりゆく店舗風景を反映、南日吉商店街が“イラストマップ”を約3年ぶり更新(記事
  • 30周年の綱島地区センター「文化祭」は10月26日から3日間、記念企画も(記事
  • 綱島街道沿い箕輪町1丁目、相鉄直通工事で半世紀の歴史持つ「新聞販売店」が移転(記事
  • 「酒場放浪記」に日吉の老舗居酒屋が初登場、10月29日夜にBS-TBSで放送(記事

日吉と綱島で新たな親子交流の場が相次ぎ開設される

<11月>

  • 綱島西エリアで11月に入り明るい時間帯に「不審者」の出没被害が相次ぐ(記事
  • 一軒家の空き家を活用した地域交流スペース「よってこしもだ」が11月3日に閉館(記事
  • 箕輪町の「写真専門学校」が創立60周年、11月3日に作品展示などを行う記念祭(記事
  • 綱島駅近くで減り続けるパチンコ店、東口駅前“一等地”にある「ガイア」も閉店(記事
  • 日吉7丁目の「ローソンストア100」跡にイオン系「まいばすけっと」、日吉だけで9店目(記事
  • 日吉東急で相次ぐ新規テナント、11月8日に米菓専門店の「がんこ職人」出店(記事
  • 学校長が“地域への感謝”で演奏プロデュース、日吉台中学校でのライブ企画は11月10日に(記事
  • 大綱橋の綱島側「全国チェーン出店競争」激化、老舗のローソンが11月末での閉店告知(記事
  • 高田の「不二家レストラン」跡に独フォルクスワーゲンが4階建て“展示場・整備工場”(記事
  • 新たな「子育て交流」の場が日吉と綱島に、高いニーズ反映し満員・キャンセル待ちも(記事
  • 日吉で11月22日に「一日コワーキングスペース」試行、外資コンサル出身の女性が主催(記事
  • 綱島東6丁目の工場密集地域で一戸建て28戸計画、新幹線高架近くのマインマート跡に(記事
  • 35年来の悲願「綱島東口」再開発へ期待、新綱島の高層ビル建設で「再開発組合」が発足(記事
  • 綱島駅の「高架下」再開発は2019年中着工へ、子母口綱島線に面した付近も対象に(記事

大綱橋バス停の近くにあった「ラヂウム霊泉(温泉)湧出記念碑」は更地化で撤去されることに(11月5日撮影)

<12月>

  • 85年の歴史紡いだ「綱島温泉の石碑」が更地化で消えた、民有地史跡の保存へ尽力を(記事
  • 日吉5丁目に新設予定の「宮前交番」着工が延期、県の入札が2回連続で不調(記事
  • テレビ東京が朝の「散歩番組」で綱島西口の老舗パン店や甘味店を取材、12月5日に放送(記事
  • 綱島西で派手にPR中「24時間ジム」と「女性用ホットヨガ」は2019年早々に相次ぎ開店(記事
  • 日吉の和食店「たつ吉」が四半世紀ぶり新店、日本そばの新ジャンル“極太蕎麦”とは(記事
  • 夢見ヶ崎動物公園の“改革”へ川崎市が民間アイデア募集、老朽化克服や魅力向上を目指す(記事
  • 綱島街道沿いの日吉で開業の動物病院、獣医師2人が「ガリレオ」志す理念で共鳴(記事
  • 相鉄直通「日吉~新綱島~新横浜」の路線名は「東急新横浜線」、日吉が東横・目黒線との分岐駅(記事
  • 12月12日朝に綱島や日吉など7800世帯で停電、原因は樽綱橋近く「綱島変電所」の設備不具合(記事
  • 北綱島小学校が「文科大臣表彰」を受賞、地域と連携した安全防災教育が評価される(記事
  • 家族や女性層を意識した「焼鳥チェーン」が日吉出店、12月21日に浜銀通り近くへ(記事
  • 障害者30人超が働く箕輪町の「港北福祉授産所」を2020年から民営化、市が運営者を募集(記事
  • 日吉出身の富樫敬真(けいまん)選手、横浜F・マリノスからJ2の「FC町田」へ完全移籍(記事
  • 綱島駅で日本初とされたネットスーパー受け取り用「赤いロッカー」が廃止へ(記事
  • 2018年大みそか~2019年元旦も東急東横線やグリーンラインで「終夜運転」(記事

【関連記事】

<日吉・綱島・高田>2017年の開店・閉店や再開発などニュース・出来事の一覧(2017年12月25日、前年のニュース一覧)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧