「1_街の話題」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田周辺の各町名別と企業や学校ごとに情報をまとめています

初夏の日差しを感じながらも、春らしい気候の中、初めて行われた「5月場所」は好評を博したようです。 昨年(2023年)まで夏に開催されてきた「綱島子どもすもう大会」は、第52回目の開催となった今年(2024年)は、暑さ対策 …

見学できるのは残り1カ月ほどしかありません。 経営再建中の株式会社東芝(東京都港区)は、川崎駅西口の「ラゾーナ川崎東芝ビル(スマートコミュニティセンター=東芝川崎本社)」内に設けている企業ミュージアム「東芝未来科学館」の …

大倉山記念館(大倉山2)の秋を「40回記念」の芸術イベントで彩ります。 今年(2024年)で40回目の記念開催となる「大倉山秋の芸術祭」実行委員会(田村悦臣代表)は、開催日を「美術展」は10月30日(水)から11月4日( …

【法人サポーター会員による提供記事です】新横浜駅前の人間ドック・健診専門クリニックがフロアを増床。新たに誕生した3階で「健診」対応をスタートしています。 相鉄・東急新横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインの新横浜駅前に位置し …

江戸期から昭和初期まで港北区域でさかんだった鶴見川での「舟運(しゅううん)」の姿を明らかにしつつあります。 港北区内を中心に活動する「鶴見川舟運復活プロジェクト」(大谷佐一代表)は今月(2024年)5月18日、鶴見川に2 …

【法人サポーター会員による提供記事です】アピタ内の循環器内科クリニックが開院6周年。糖尿病・内分泌内科の新設から1年が経過し「診療の幅」をさらに広げています。 東急新横浜線新綱島駅や綱島駅から徒歩11分、東急バス92系統 …

港北区や綱島周辺に「ジャズの響き」を――新綱島に誕生した新ホールにジャズピアニストのRINA(リナ)さんが初めて登場。新たな音楽文化を地域に育みながらの活動を目指すといいます。 新綱島駅の再開発ビル「新綱島スクエア」内に …

今週(2024年)5月25日(土)からスマホ上で買えば市営地下鉄とバスの共通1日フリー券が期間限定で300円になります。 横浜市交通局は、通常は大人830円(小児420円)で販売している「市営地下鉄・市営バス共通1日乗車 …

横浜市こども青少年局は、今年(2024年)4月1日時点での認可保育所などの利用状況を公表し、希望通りの保育所に入れない「保留児童(育児休業の延長希望者を含む)」の数は、港北区で前年よりわずかに減ったものの416人で市内最 …

綱島と大倉山の中間地点に位置する大曽根2丁目で、企業の社宅跡を使った計30戸におよぶ分譲住宅への再開発が終盤を迎えています。 大倉山寄りにある「大曽根第四公園」近くで建設が進む一戸建て分譲住宅「バウスガーデン大倉山」(中 …

“住みここち”という面では、日吉駅や綱島駅より日吉本町駅のほうが高い評価を受けています。 首都圏1都3県に居住する計26万2727人を対象に集計した「いい部屋ネット・街の住みここちランキング2024」が今週(2024年) …

横浜市内でしか手に入らない“よこはま動物園ハンカチ”が限定販売されます。 日吉や新綱島など港北区内に4店を展開する「無印良品」(株式会社良品計画)は、横浜市内に3つある動物園の動物をモチーフとした大判ハンカチを製作し、き …

1 2 3 4 5 6 464

カテゴリ別の記事一覧