東急バス停に残った“松下通信”の名、まちびらきを機に「綱島SST」へ変更

横浜日吉新聞

アピタテラス横浜綱島の目の前という好位置にある「松下通信前」のバス停は、1日に数本しかバスが来ない

東急バスは今月(2018年3月)26日(月)から、綱島東4丁目の「綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)」付近にある2カ所のバス停名を変更します。

綱島街道沿いにある「松下通信前」と、米アップル研究所YTCの脇にある「松下通信脇」で、松下通信前は「綱島SST前」に、松下通信脇は「綱島SST脇」にそれぞれ変わります。

松下通信前バス停は、日吉駅東口から綱島街道を直進して綱島駅を結ぶ「日81系統」のみが停車する停留所で、1日数本だけが運転されています。

「日92系統」のバス停である「松下通信脇」はアップル研究所YTCの脇にある

一方、松下通信脇バス停は、日吉駅東口から日大高校前や宮前南、南綱島住宅などを経由して綱島駅を結ぶ「日92系統」の停留所で、多くの本数が運転されている路線です。

松下通信工業(現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)の工場が2011年に閉鎖した後もバス停にその名を残していましたが、今月26日に予定される綱島SSTの“まちびらき”を前に、バス停名も統一されることになりました。

)当初「松下通信前」バス停の便数について夜間に1日1~2本と書きましたが、これは綱島方面行の数で、日吉方面行のバスは朝6時台に1日3~6本が運転されておりました。訂正します(2018年3月19日11:23)

【関連記事】

綱島SST脇のバス停「松下通信脇」、しまむら前から新田堀側へ40m移動へ(2017年4月25日、バス停の位置が若干変わっている)

綱島アップル研究所の門前食堂&弁当店、SST建設を影で支える“社食”的な存在(2017年2月6日、バス停前の定食店兼弁当店「綱島正吉」の記事、松下通信工場の詳細も)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)