<下田町5>スーパー誘致の動きもあった旧サミット裏手は「ドラッグセイムス」

横浜日吉新聞

下田町5丁目の旧サミットストア日吉店裏手の駐車場跡に富士薬品系のドラッグストア「セイムス横浜下田店」がオープンします。現地には5月開店が告知されているほか、求人情報紙「アイデム」にも求人情報が掲載されています。

現地にはドラッグセイムスの5月オープンが告知されている。右手は旧「サミット」跡地に建った一戸建て住宅

場所は日吉駅方面行の「下田小学校」バス停後方に広がる約1300平方メートルの駐車場跡地。サミットの閉店後に周辺が食品スーパーの空白地帯となっていたことから、昨年夏ごろからスーパー誘致の動きが出ていましたが、進出するスーパーが見つからず、変わって富士薬品のドラッグストアが進出することになった経緯があります。

富士薬品は今年(2018年)1月末にも工事が完了するとの計画を現地に告知していましたが、遅れてのオープンとなりました。

なお、下田町では4丁目のドラッグストア「クリエイトSD港北下田町店」でサミット閉店後に野菜と精肉の販売も行っていますが、セイムス横浜下田店の建設場所は大型住宅地「サンヴァリエ日吉」に近い位置だけに、一定の需要は見込めそうです。

(※)この記事は複数の読者の方からの情報提供をいただきました。ありがとうございます。

【関連記事】

下田町の旧「サミット」裏手で新たなスーパー建設の動き、平屋建ての建物を計画(2017年8月16日)

下田町の「クリエイト」が改装オープン、野菜や肉類充実で“半スーパー”化(2016年10月30日)

45年間を涙で終えたスーパー「サミット日吉店」、跡地は一戸建て住宅地との声(2016年6月26日)

新吉田・四ツ家のスーパー「ローヤルよつや」が閉店、食品も扱うドラッグストアに(しんよこ新聞、2018年3月19日、新吉田東ではスーパー閉店後にドラッグストア進出計画が進む)

【参考リンク】

ドラッグストア「セイムス横浜下田店」がオープンを予定している場所(グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)