和風甘味「浜大」が8/10(金)で閉店、学生向け低価格の難しさ実感

横浜日吉新聞

日吉駅前で数少ない甘味を提供したことで話題となった「和風甘味・食事処浜大」(日吉本町1)が、今週(2018年8月)10日(金)17時までの営業を最後に、閉店することになりました。

和風甘味・食事処「浜大」を経営する有限会社磯崎商店(同)代表の若宮博彦さん。自身生まれ育った四国地方の価格相場や、学生時代にも想いを馳せ、低価格路線でのメニューを提供してきた

和風甘味・食事処「浜大」を経営する有限会社磯崎商店(同)代表の若宮博彦さん。自身生まれ育った四国地方の価格相場や、学生時代にも想いを馳せ、低価格路線でのメニューを提供してきた

同店を経営する有限会社磯崎商店(同)代表の若宮博彦さんは、「学生サービスを重視し、特に食事メニューは500円~650円(価格はいずれも税込)で食べられるものなど、低価格路線を貫いてきました」と、生まれ育った四国・愛媛の価格相場や、自身の学生時代などにも想いを馳せ、各種格安でのメニューを提供してきたといいます。

若宮さんは、「夏季、冬季、そして春季などの学生の長期休業期間に入ると、客足がぱったりと途絶えてしまい、経営的には苦しいこともたびたびでした。かき氷をメインメニューとしてスタートしたことも、秋、そして冬の経営が大変厳しくなった一因となりました」と、閉店理由を説明します。

「浜大」ならではの和風甘味(写真はクリームあんみつ・600円)や、500円~650円の食事メニューを味わえるのもあとわずか

「浜大」ならではの和風甘味(写真はクリームあんみつ・600円)や、500円~650円の食事メニューを味わえるのもあとわずか

店のコンセプト設計について、「後悔はありません」(若宮さん)と語りながらも、日吉の街での飲食店経営の厳しさも痛感したといいます。

営業最終日となる10日には、かき氷・パフェ全品500円サービスを実施し、「これまでの来店に感謝し、最後まで皆様をお迎えしたい」と、閉店までの多くの来店を呼び掛けています。

なお、同店は閉店後、料理教室などへの「レンタルスペース」としての貸出も検討しているとのこと。

「これからも日吉地区の街づくりに参加していきたい」と若宮さん。同店のスペースは、レンタルスペースとしての貸出も検討しているという

「これからも日吉地区の街づくりに参加していきたい」と若宮さん。同店のスペースは、レンタルスペースとしての貸出も検討しているという

「最大の財産は、商店街、町内会をはじめとした人とのつながりが生まれたこと」と、若宮さんは、日吉駅前で本格的なスーパーマーケットの第1号となる「スーパー浜大」(1980年半ば頃まで現在の「スーパーながえ」の場所で営業)を創業した祖父の故・磯崎慎二さんの遺志を、地域・街づくりへの参加というかたちで継続していく考えです。

【2018年8月7日追記】同店によると、今回の閉店は同店が入る「磯崎ビル」が建築から半世紀近く経っており、ビルの老朽化も大きな理由とのことです。

【関連記事】

高知ゆかりの鍋焼きラーメンや和風パフェも、日吉駅近の「浜大」に続々新メニュー(2017年9月14日)

<日吉駅前>和モダンの甘味処「浜大」がオープンへ、地元食材へのこだわりも(2017年6月8日)

【参考リンク】

和風甘味・食事処浜大のサイト ※現在は人員確保などの問題から17時頃までの営業となっている

横浜日吉と浜大の歴史(浜大のサイト)

和風甘味・食事処浜大へのアクセス(浜大のサイト)※日吉駅から徒歩約3分


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧