台風24号の暴風で倒木被害、夢見ヶ崎公園「秋の動物園まつり」が中止に

横浜日吉新聞

川崎市は、幸区南加瀬1丁目の「夢見ヶ崎(ゆめみがさき)動物公園」で今月(2018年10月)8日(月・祝)に予定されていた「第18回秋の動物園まつり」を中止すると発表しました。

木々の多い夢見ヶ崎動物公園では、倒木などの被害が発生しているという

今週30日(日)の深夜(日付は10月1日)に関東一帯で暴風をもたらした台風24号によって、同動物公園内でも倒木被害や折れ枝の落下が起きており、「危険な状況が発生していることから、来園者の皆様及び飼育動物等の安全に配慮し、やむを得ず中止することを決定いたしました」(同市)としています。昨年の同イベント時には約3500人が来園していただけに、安全面を優先させたとみられます。

園内の修復完了後、11月以降に大幅に規模を縮小してのイベント開催を検討しているといいます。なお、一部に立入禁止の箇所はあるものの、動物公園自体は通常通り開園するとのことです。

【関連記事】

鳥インフルが影響、日吉駅から近い夢見ヶ崎の「春の動物園まつり」が中止に(2017年2月22日、2017年春も中止になっている)

コトニアガーデン新川崎で「まちフェスタ」、10/8(月・祝)にマルシェや運動企画(2018年10月6日、至近のイベントは開催予定)

【参考リンク】

夢見ヶ崎動物公園「第18回秋の動物園まつり」中止のお知らせ(川崎市、2018年10月3日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧