箕輪町の「写真専門学校」が創立60周年、11/3(土)に作品展示などを行う記念祭

横浜日吉新聞

箕輪町2丁目の東横線高架横にある東京綜合写真専門学校

現代アートや写真作品に触れられる機会です。日吉駅から徒歩約8分の箕輪町2丁目にある「東京綜合写真専門学校」(伊奈英次校長)で、学校創立60年を記念した記念祭(学園祭)が今週(2018年11月)3日(土)に開かれます。

都内中野区で「東京フォトスクール」として1958(昭和33)年に創立した同校は、5年後の1963(昭和38)年には箕輪町2丁目の現在地へ移転。日吉における歴史は半世紀以上におよんでいます。この間に篠山紀信さんや、大阪万博のポスターも制作した操上(くりがみ)和美さんといった著名な写真家を多く輩出しており、写真界で「日吉」といえば、同校を指すほどに知られた存在です。

東京綜合写真専門学校に貼られた60周年記念祭のポスター

今回の記念祭では、同校へ通う83人の学生をはじめ、写真家として活躍する同校教員も含めた作品展示が行われるほか、“写真芸術”を学ぶ同専門学校らしく、写真にとどまらない現代美術に関する作品も公開されるとのこと。また、14時から15時30分まで、現代美術家の鴻池朋子さんを招いたトークショーも開かれます。フリーマーケットの開催や飲食物などの販売ブース出店も予定されています。

記念祭の開催時間は11時から16時までで、入場は無料です。

【関連記事】

東京綜合写真専門学校が41年ぶりに「出版局」を復活、写真集4冊を刊行(2015年11月17日)

箕輪町2丁目の「写真専門学校」内に0~2歳児向け保育園、内閣府主導の事業で(2018年1月5日、今年は学内に保育園も開園)

【参考リンク】

東京綜合写真専門学校 創立60周年記念祭のTwitter

東京綜合写真専門学校の公式サイト


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧