綱島以来19年ぶり区内で「花火大会」、7/26(木)に鶴見川沿いの新横浜で4000発

横浜日吉新聞

綱島の鶴見川沿い1999年まで行われていた花火大会の歴史を受け継ぎ、港北区内では19年ぶりとなる「新横浜花火大会」(同実行委員会主催)が同じ鶴見川沿いの「新横浜公園」内で来月(2018年7月)26日(木)夜に初めて開かれます。当日は19時15分から30分超にわたり、約4000発を打ち上げる計画です。

7月26日(木)の19時15分から開かれる「新横浜花火大会」のポスター(実行委員会のニュースリリースより)

区内では1984(昭和59)年から1999(平成11)年まで、綱島に近い鶴見川沿いで約3000発を打ち上げる花火大会が商店街などによって行われてきましたが、港北区60周年の大会を機に、周辺の宅地化が進んだことなどもあり、16回の開催を経て中止となりました。

その後、2001年には「サッカーワールドカップ」(2002年)の開催を前に新横浜で花火大会を“復活”させようとの動きもありましたが、新横浜公園の整備が完全でなかったこともあって断念しています。

ただ、新横浜では、毎年秋に行う大型イベント「新横浜パフォーマンス」(新横浜町内会主催)の最終日に花火の打ち上げを行うなど、単独の花火大会開催へ向けて“地ならし”を続けており、来年(2019年)迎える区制80周年と、日産スタジアムで決勝戦などが行われる秋のラグビーワールドカップ(W杯)開催へ向けた“プレイベント”として、区も後援する形で今年中の開催にこぎつけたものです。

来月26日に初めて行われる新横浜花火大会は、鶴見川沿いの新横浜公園から「ワイドスターマイン」や「和火(わび)」などの花火約4000発を上空約160メートルから190メートルに打ち上げる計画。

「新横浜花火大会」の会場案内図、綱島からのバスが着く停留所は会場に近い(実行委員会発表の資料にバス停位置などを追記)

打ち上げ場所の周辺には約1万6000席の有料桟敷席(1人席3000円/4人席8000円)を設けるほか、道路を挟んだ日産スタジアム周辺には「無料観覧エリア」を設置。花火打ち上げ会場が見渡せる日産スタジアムの4階通路にも有料のテーブル席(4人席・1万6000円)を設けます。

花火に先立つ18時15分からは、綱島駅からの東急バスが着くバス停に近いグラウンドを特設会場とし、2011年に結成された4人組の男性ロックバンド「MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)」による野外ライブ(入場料3500円)が行われ、そのフィナーレに花火の打ち上げが始まる予定です。

花火に先立ち18時15分からは特設会場で4人組の男性ロックバンド「MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)」による野外ライブ(入場料3500円)も予定されている(写真は実行委員会のニュースリリースより)

当日は約5万人が参加すると想定されており、有料席のチケットはすでに「チケットぴあ」を通じ販売が行われています。雨天時も決行されますが、豪雨や強風の場合は中止になるとのこと。中止の場合でも順延日は設けられていません。

綱島や日吉、高田エリアから花火が見えるかどうかは微妙ですが、新横浜で綱島以来の花火大会が“復活”したことは、日吉と新綱島を通る「相鉄・東急直通線」や高田からの道路「宮内新横浜線」の開通後に日吉・綱島・高田から新横浜への移動が容易になるだけに、今後楽しみなことと言えそうです。

なお、花火大会や野外ライブの会場は、新横浜駅から徒歩20分、小机駅からも徒歩15分と若干遠いのですが、綱島駅と新横浜駅を結ぶ「綱72系統」の「日産スタジアム前」バス停からは至近のため、当日はバスの利用が便利です。

【参考リンク】

7月26日(木)開催「新横浜花火大会」の公式サイト

7月26日(木)開催「新横浜花火大会」の有料席販売ページ(チケットぴあ)

7月26日(木)開催「MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)」のライブについて(18時15分開始)

日産スタジアムのバス停案内(花火大会・野外ライブ会場周辺)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧