<綱島駅>日本初とされたネットスーパー受け取り用の「赤いロッカー」も廃止

横浜日吉新聞

東急ストアは綱島駅の構内に設置した「ネットスーパー」の赤い受け取りロッカーを来年(2019年)1月20日(日)でサービスを終了すると発表しました。日本で初めて商品を受け取れるロッカーとして、「綱島駅前東急ストア」の閉店とともに設置されましたが2年で撤去されることになりました。

2016年1月から綱島駅構内に設置されていた東急ストアのネットストア受け取りロッカーは1月20日で廃止される

このロッカーは綱島駅ビル内の東急ストアが閉店したことを契機に、買物の不便さを解消するため、「ネットスーパーで注文した商品を駅で受け取れるように」(東急ストア)と2016年1月に設置された冷蔵機能付きのロッカーでしたが、「利用する人はそう多くはなかった」(関係者)と言われ、試験的な要素が大きかったとみられます。

綱島駅では今後、高架橋の耐震工事や高架下の再開発を行う予定となっており、構内売店やテナントが撤退するなかで、受け取りロッカーも同様に撤去となったものです。

今後、高架下の再開発により、スーパーなどの駅前や駅ナカ買物スポットが“再開”されることが望まれるところです。

【関連記事】

綱島駅ビル閉鎖で新提案、日本初!駅ロッカーでネットスーパー商品を受け渡し(2016年1月13日)

綱島駅の「高架下」は2019年中着工へ、子母口綱島線に面した付近も対象(2018年11月26日、今後高架下再開発に着手予定)

【参考リンク】

東急ストアネットスーパー


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧