日吉中央通りにドラッグストア「ハックドラッグ」が進出、7月上旬開店を告知

横浜日吉新聞

イオン系のドラッグストアチェーンのウエルシアホールディングスは、公式求人ページで日吉の中央通りに「ハックドラッグ日吉中央通り店」を今年(2018年)7月上旬にオープンする予定として販売スタッフなどを募集しています。店舗は今年4月まで文具・タバコ店の「井口文華堂」が使っていた建物に置かれる予定です。

ウエルシアとハックドラッグは綱島エリアに集中出店しているが、日吉に店舗はない。写真は昨年6月に書店跡を使ってオープンした「ハックドラッグ綱島駅東口店」

同店の求人情報ページによると、「販売スタッフ」や「登録販売者」、「夜間店舗責任者」「ビューティアドバイザー」のそれぞれで募集し、勤務時間は9時から23時となっています。

もともとハックドラッグは、新横浜に本社を置くCFSコーポレーションが運営していたドラッグストアチェーンでしたが、2015年にウエルシアグループに吸収されています。

同グループでは、昨年6月に綱島の旧「あゆみブックス」の建物を使ってオープンした「ハックドラッグ綱島駅東口店」をはじめ、港北区内だけでもハックとウエルシアを合わせ9店舗を展開。綱島エリアに5店を集中出店する一方、日吉エリアへはこれまで出店していませんでした。

なお、日吉では今月、下田町5丁目で富士薬品系の「セイムス横浜下田店」がオープンを予定しており、ドラッグストアの進出が相次ぐことになりそうです。

【関連記事】

創業70年の井口文華堂が裏手に移転、きょう2/26(月)から在庫セール(2018年2月26日)

綱島東の書店跡、6月上旬からウェルシア傘下のドラッグストア「HAC綱島駅東口店」(2017年4月17日)

<下田町5>スーパー誘致の動きもあった旧サミット裏手は「ドラッグセイムス」(2018年3月26日)

【参考リンク】

ハックドラッグ日吉中央通り店(ウエルシアの公式求人情報ページ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧