坪単価が40%上昇した綱島東エリアの「新築マンション」、平均価格は6000万円超

横浜日吉新聞

綱島駅を最寄りとするマンションの平均坪単価などの推移(株式会社マーキュリーの新築分譲マンション相場レポートより)

相鉄・東急直通線の新綱島駅(仮称)建設や駅東口の再開発が進む綱島東エリアで、新築マンションの坪単価が急激に上がっています

不動産業界向け情報サービスを展開する株式会社マーキュリー(新宿区西新宿)は、綱島駅の新築分譲マンション相場レポートを今月(2018年7月)19日に公表しました。

同社の調べによると、2011年には綱島東エリアでの平均坪単価が188.7万円だったものが、2017年には264.5万円にまで上昇。6年間で75.8万円(上昇率40.1%)上がっていたといいます。昨年は販売戸数も坪単価も過去最高の数値となりました。

販売後、早期に完売した「プラウド綱島SST」、右は米アップルの研究所「YTC」

特に東口駅前の「ブランズ綱島」(東急不動産、2017年10月竣工、42戸)が坪単価351.9万円で「相場を牽引」(同調査)しているといい、綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)内にある「プラウド綱島SST」(野村不動産、 2018年2月竣工、94戸)の同276.6万円や、綱島SST至近の「クリオ横濱綱島」(明和地所、2018年3月竣工、67戸)の同267.9万円がそれに次いでいます。

この結果、2011年に平均価格が4296万円だった綱島東エリアのマンションは、2017年になると平均価格が6039万円にまで上がっていました。

広町バス停に近い綱島4丁目と5丁目に建てられた2棟計311戸の「シティテラス横濱綱島ガーデンズ・シーズンズ」は現在も4600万円~5900万円台で販売が行われている(写真は新幹線高架寄りで2017年8月に竣工した「シーズンズ」)

一方、旧ヤマト運輸横浜綱島ビル(綱島東5)の跡地などに建てられた「シティテラス横濱綱島ガーデンズ・シーズンズ」(住友不動産、2017年1月竣工、2棟計311戸)は、駅から徒歩15分という距離や戸数の多さもあり、平均価格より低いの4600万円~5900万円台で現在も販売が行われています。

【関連記事】

<2018年公示地価>綱島SST周辺の宅地が県内トップの上昇率、日吉本町1も堅調(2018年3月29日、地価も上昇中)

綱島東口から徒歩1分、東急が建設中のマンションは「ブランズ綱島」に(2017年7月10日)

アップル裏手で建設中のエコマンションは「プラウド綱島SST」、入居は来年3月(2017年3月13日)

アピタ綱島店裏で建設の66戸「クリオ」、東京ガスと共同で“エコマンション”に(2017年1月21日、プラウド綱島SSTの裏手至近)

「SST」に近い綱島東5と6丁目、住友不動産が311戸の大規模マンションを建設中(2015年10月7日)

【参考リンク】

【Realnetレポート】綱島駅再開発に伴う新築分譲マンション相場動向 ~綱島駅周辺 再開発で坪単価約40%上昇(株式会社マーキュリー、2018年7月19日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧