綱島SST至近の箕輪町2丁目、工場跡地の58戸マンション名は「プラウド日吉クロス」

横浜日吉新聞

綱島SST(サスティナブルスマートタウン)の至近にあった箕輪町2丁目の工場跡地で、野村不動産が建設する58戸のマンション名は「プラウド日吉クロス」となりました。綱島SSTと箕輪町計画という野村不動産が携わる“2つの再開発地がクロスする場所”という意味があるとみられ、「商業施設近接。2大複合開発の中心に住まう」とアピールしています。

「プラウド日吉クロス」は箕輪町2丁目に建てられるが、箕輪町内で他物件サイトも開設する予定があるのか公式サイトURLの末尾が「minowacho5」となっている

このほど公開されたプラウド日吉クロスの公式サイトによると、7階建ての建物は来年(2019年)3月に竣工し、入居は同年5月下旬を予定。間取りは3LDKから4LDK(68.02~78.80平方メートル)で販売開始は今年3月上旬となっています。

野村不動産は旧アピタ日吉店など一連の跡地で、計1320戸におよぶマンション計画のうち20階建て362戸の建設を3月に始めるほか、日吉本町駅前の明治寮などの跡地でも56戸を2019年7月末までに完成させる予定。

日吉では野村不動産以外にも、昨年末に閉鎖した大塚製靴の工場跡地(日吉本町4)では新日本建設による92戸が計画され、日吉2丁目にあった学生寮「日吉インターナショナルハウス」跡地でも90戸弱の建設が行われる模様で、今年も再開発地におけるマンション建設が相次ぐことになりそうです。

【関連記事】

綱島SSTアピタ至近・箕輪町2の工場跡、野村不動産が2019年夏までに7階建て58戸(2017年9月8日)

箕輪町計画、まずは来年3月中旬から「20階建て362戸マンション」の着手を告知(2017年11月28日)

日吉本町の駅前も「野村不動産」、明治寮など跡地は5階建て56戸マンション(2017年11月7日)

【参考リンク】

野村不動産「プラウド日吉クロス」の公式サイト


関連スポンサー広告(グーグルから配信)