「子育て施設」の存在を知らせる緑の電柱看板、保育所周辺の143カ所に新設へ

横浜日吉新聞

保育園などの「子育て施設」周辺でも交通安全を訴えます。港北区は保育園の周辺で、施設の存在を知らせ、安全運転を呼び掛ける電柱巻付け看板(標識)を区内143カ所に設置すると発表しました。これは横浜市内で初めての取り組みだといいます。

小学校の通学路ではおなじみの「文」の看板、これと似た発想で保育園近くの電柱にも看板を設ける(写真は下田町)

港北区内の小学校通学路では、スクールゾーンであることを知らせる「文」の字が書かれている緑色の看板が1984年ごろから電柱に巻き付けられてきました。

最近は「通学路 飛び出し注意」と書かれたイラスト付きの看板に変わったものも含め、たとえば日吉台小学校では50カ所、綱島小学校は40カ所、高田小学校では45カ所と、各小学校の通学区ごとに30~70カ所の電柱に看板が設けられています。

一方で保育所などの子育て施設周辺にはそうした看板はなく、「学校などと比べて施設の規模が小さく、車や自転車を運転される方から施設の存在を認識されにくい」(港北区)ことから、設置の要望が寄せられていたといいます。

保育園の周辺にある電柱には「ミズキー」と「マリノスケ」が並ぶ看板が巻き付けられる(港北区ニュースリリースより)

今回設置される看板は、認可保育所をはじめ、小規模保育所や横浜保育室に加え、地域子育て拠点の「どろっぷ」(大倉山3)と「どろっぷサテライト」(綱島東3)の周辺にある電柱を対象に、今年(2018年)3月末までに順次取り付けられるとのことです。

看板は、港北区のキャラクターである「ミズキー」と、横浜F・マリノスキャラクターの「マリノスケ」が並び、「子育て施設が近くにあります。やさしい心で安全運転」との文字が書かれた緑色のデザインとなっています。

新しい保育所が年々増え続ける日吉や綱島エリアでは、その存在を認識するうえでも役立つことになりそうです。

【2018年1月26日追記】

「子育て施設」の存在を知らせる緑の電柱看板の取り付けの第一号は大倉山から行われました(9時30分頃撮影、港北区提供)

「子育て施設」の存在を知らせる緑の電柱看板の取り付けの第一号は大倉山から行われました(9時30分頃撮影、港北区提供)

大倉山駅に近いつばき駅前保育園そばの電柱に取り付けられました(9時30分頃撮影、港北区提供)

大倉山駅に近いつばき駅前保育園そばの電柱に取り付けられました(9時30分頃撮影、港北区提供)

【関連記事】

おむつ交換や授乳に便利な「ベビーステーション」拡大、日吉東急や綱島ヨーカドーも(2017年04月23日、港北区独自の取り組み)

港北区内で話題の“子育て支え合い缶バッジ”、11/11(金)・17(木)に日吉駅で配布(2016年11月7日、港北区内独自の取り組み)

綱島東小近くに「どろっぷ」のような子育て支援拠点、来年3月にオープン(2015年12月1日、子育て支援拠点が区内に2カ所あるのは横浜市内ではめずらしい)

【参考リンク】

市内初!子育て施設近くの電柱に安全運転を呼びかける看板を設置します!~マリノスケとミズキーは安全運転のしるし(港北区、2018年1月24日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)