高田の不二家レストラン跡、独VW系が4階建て「展示場・整備工場」を建築へ

横浜日吉新聞

高田西1丁目の荏田(えだ)綱島線(日吉元石川線)沿いで今年(2018年)1月に閉店したファミリーレストラン「不二家レストラン高田町店」(高田西1)の跡地は、独フォルクスワーゲン(VW)系自動車展示場と整備工場が建設されることになりました。

更地となっている不二家レストラン跡では来年4月から「(仮称)アウディ横浜港北新築工事」が行われる

現地に掲出された建築看板(標識)によると、建築主は、独VWグループが100%出資する日本におけるファイナンス会社「フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社」(品川区)で、計画の名称は「(仮称)アウディ横浜港北新築工事」とし、約1341平方メートルの敷地に4階建て(高さ18.4メートル)の「展示場・整備工場」を来年(2019年)12月20日までに建てる計画としています。着工は来年4月を予定。

VW傘下の自動車メーカー「アウディ」の販売店は、同じ荏田綱島線沿いの北綱島交差点「Audi(アウディ)日吉」(綱島東4、ボークス株式会社運営)が2003年9月から営業しており、最近では2014年に店舗リニューアルも行っています。今回の建設予定地とはわずか3キロ弱の距離です。

一方、VWの販売店も先月(2018年10月)6日に都筑区のセンター南駅近くで「Volkswagen(フォルクスワーゲン)センター南」(ボークス株式会社運営)がオープンしたほか、師岡町の「トレッサ横浜」に至近の鶴見区獅子ケ谷で「Volkswagen大倉山」(同)も営業しています。

至近エリアにアウディとフォルクスワーゲンの既存販売店が設けられているなかで、高田に新設される展示場・整備工場はどのような役割を担うのでしょうか。

【関連記事】

高田の貴重なファミレス「不二家レストラン」、1/28(日)で約40年の歴史に幕(2018年1月17日)

【参考リンク】

フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社(建築主)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧