日吉・綱島・高田に暮らし通う人の地域インターネット新聞

横浜日吉新聞

きょうまでに公開した記事一覧

日吉駅の中原区寄りで、JR西日本系のマンションが相次いで計画されています。「ジェイグラン元住吉」と名付けられた41戸の物件は、元住吉駅から徒歩13分、日吉駅から徒歩14分の川崎市中原区の矢上川沿いで、JR西日本不動産開発 …

2020年の東京オリンピックで英国代表チームの事前キャンプ地となった慶應義塾大学日吉キャンパスを舞台に、英国から生まれた緑地を守るさまざまな手法や、同キャンパスにおける緑地保全の取り組みをテーマとしたトークイベントが来月 …

ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年6月)8日(金)から14日(木)までの7日間で計18万4082ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、11日(月)に公開した「綱 …

グーグルからの配信による広告

夏休み中の小学3年生から6年生とその保護者を対象に、相鉄・東急直通線の箕輪町3丁目における工事現場が公開されることになりました。 横浜市内の小中学生向けに毎年行われている仕事体験プログラム「子どもアドベンチャー」(横浜市 …

今年で3年目となる港北区の商店街体験イベント「こうほくの商店街 親子で商店街を楽しもう」で、日吉エリアからは今回も南日吉商店街の「こじま寝装」(日吉本町3)が座布団づくりの親子体験会を来月(2017年7月)24日(火)1 …

来月(2018年7月)9日(月)から2カ月弱にわたり、日吉駅から標高2305メートルの「富士山五合目(吉田口)」まで直接アクセスできる高速バスが運転されます。東急バスなどは、日吉駅と富士急ハイランド・河口湖駅間を毎日往復 …

今週末(2018年6月)16日(土)に恒例の港北区による“食育イベント”が11時から14時までトレッサ横浜(師岡町)の南棟イベント広場で開かれます。 「港北区ヘルシープロモーション」と題されたこのイベントでは、「始めまし …

先月(2018年5月)末までの1年間に港北区では前年を上回るペースで世帯数と人口が増え続けており、5月末現在で世帯数は16万9377世帯(前年同時期比2035世帯増)、人口は34万5314人(同2379人増)となりました …

【法人サポーター会員による提供記事です】綱島や日吉の将来性を知り、一夜で開業を決意した医師がいます。 綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)に開業したスーパー「アピタテラス横浜綱島」2階の医療モ …

【法人サポーター会員による提供記事です】大手新聞販売店がSNSでの情報発信に挑戦――半世紀近い歴史を刻んできた高田の新聞販売店が、新しいチャレンジを続けています。港北消防署高田出張所や県道「荏田(えだ)綱島線(日吉元石川 …

“暴れ川”と呼ばれ、幾度も綱島の周辺に大きな水害をもたらしてきた鶴見川はなぜ「安全な川」になったのでしょうか。小机駅近くの鶴見川沿いにある地域防災施設「鶴見川流域センター」(小机駅から徒歩10分)では、川の歴史や都会に残 …

認可保育所は“5階レベル”に設けられる計画であることがわかりました。 箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地に1320戸のマンションなどを整備する構想の「箕輪町計画」(日吉大規模複合開発プロジェクト)について、野村不 …