「15_川崎市幸区」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

横浜側の日吉と矢上川を一本隔てた幸(さいわい)区の南加瀬や矢上、北加瀬などの話題を中心に集めています。戦前に存在した旧「日吉村」の一部で、新川崎駅の周辺まで「川崎日吉」と呼んでいます。現在は川崎側の住所に「日吉」の地名は残っていませんが、日吉小学校や日吉中学校などがあり、歴史的に横浜側の日吉とつながりの深いエリアです。

見学できるのは残り1カ月ほどしかありません。 経営再建中の株式会社東芝(東京都港区)は、川崎駅西口の「ラゾーナ川崎東芝ビル(スマートコミュニティセンター=東芝川崎本社)」内に設けている企業ミュージアム「東芝未来科学館」の …

【法人サポーター会員によるPR記事です】新横浜のホテルが「季節のおもてなし膳」を自宅やオフィスで楽しめる宅配サービスを展開。サイトも刷新し多くの利用を呼び掛けます。 新横浜駅前で地域に密着した事業を展開する「新横浜グレイ …

横浜市や川崎市などが“独立”を目指す動きに県が疑問を呈します。 神奈川県は今月(2024年5月)、政令市(政令指定都市)が県の枠組みから抜けて独自の自治体運営を目指す「特別市(特別自治市)」構想について、見解をまとめたリ …

【法人サポーター会員によるPR記事です】今年も大型連休「こどもの日」を、地元・日吉の広々としたゴルフ練習場で過ごしてみませんか。 日吉・綱島周辺エリアに根差した事業を行うゴルフ練習場・レストラン「パームスプリングス(PA …

スマホで集める“デジタル駅スタンプ”が近隣の駅にも拡大しています。 株式会社ジェイアール東日本企画(東京都渋谷区)が提供するアプリ「エキタグ」でデジタル駅スタンプを設置する駅が今週(2024年)4月26日(金)から大きく …

川崎市の人口が増え続けています。市総務企画局は今年(2024年)4月9日現在での人口が155万人を超え、155万242人に達したと発表しました。 市では2017(平成29)年5月に150万人を超えて150万50人となり、 …

この春も期間限定で3種類のデジタルフリーパスが発売されることになりました。 東急バスは今月(2024年)3月24日(日)からゴールデンウイーク最終日となる5月6日(日)まで、スマートフォン上で3種類の1日フリーパスを販売 …

おなじみ東急の「しぶそば」をはじめ、JR東日本の「いろり庵きらく」や京急の「えきめんや」など……どこの沿線の“駅そば”が好きですか? 首都圏の駅構内や駅前などでそば店を運営する鉄道系の6社は共同で「推しSOBA(そば)を …

日吉・綱島・樽町・大曽根の平地部では東京湾で発生する「高潮」にも警戒しておく必要があります。 神奈川県の県土整備局は最新のシミュレーションによる「浸水想定区域図」の公開を今月(2024年)2月9日から始めました。 今回公 …

港北区など北部6区の「横浜北地区」(鶴見・神奈川・港北・緑・青葉・都筑)の公立高校で、きょう(2024年)2月7日(水)夜に志願変更期間(2月5日~7日)を踏まえた新たな志願者数と競争倍率が神奈川県教育委員会から発表され …

港北区など北部6区の「横浜北地区」(鶴見・神奈川・港北・緑・青葉・都筑)の公立高校で、きのう(2024年)1月31日時点(志願変更前)の志願者数と競争倍率が神奈川県教育委員会から発表されました。 今年4月に入学する「20 …

1 2 3 4 5 6 25

カテゴリ別の記事一覧