「03_箕輪町」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

箕輪町は日吉の綱島寄りにある街で、昔は工場・農業地帯でしたが、日吉駅に比較的近く、綱島街道が通る1丁目や2丁目を中心に、住宅地として著しい発展を遂げています。アピタ日吉店など一連跡地の大規模再開発や、隣接するパナソニック工場跡地(綱島SST)の再開発に注目が集まるエリアです。2020年春には「箕輪小学校」の開校も予定されています。

日吉や綱島、南日吉など港北区内の11の商店会で組織する港北区商店街連合会(区商連)と港北区役所は、慶應義塾大学のOBらが中心となって立ち上げたプロのアイスホッケーチーム「横浜GRITS(グリッツ)」と「ホームタウン活動の …

【港北区・地域インターネット新聞社との協働事業のご案内】横浜市港北区役所(大豆戸町・栗田るみ区長)と、一般社団法人地域インターネット新聞社(箕輪町2、橋本志真子代表理事)は、2020(令和2年度)の協働共催事業として、「 …

日吉と綱島エリアから東京都内23区へ通う人の割合が45%から49%と港北区の平均を上回る高い割合を示しました。港北区は2016年12月の調査以来、4年ぶりとなる「区民意識調査」を昨年(2020年)5月から6月に行い、その …

地域の歴史を知り、学び、そして楽しむには――横浜市の北部に位置し、市内で最多の人口を持つ「港北区」の過去、そして今を知り、学び、そしてそれについて語れる機会は、そう多くはありません。 港北区の歴史、そして文化、そこに生き …

2020年秋の港北区における「保留児童」と「待機児童」と数は前年同時期より減少しましたが、保留児童805人、待機児童165人という数は、横浜市内18区で港北区がもっとも認可保育所へ入りづらい状態であることを表しています。 …

日吉の街を彩る初の「アートコンテスト」の表彰式がいよいよ最終章。大人の部の表彰や東急駅長賞の表彰で、地域をさらに盛り上げます。 日吉駅西口に位置する普通部通り会(日吉普通部通り商店街、薄井芳夫会長)が、先月(2020年) …

【法人サポーター会員によるPR記事です】地元で過ごすお正月に、ささやかな「新春企画」で彩りを加えます。【※緊急事態宣言の発出により、一部のイベントが中止となっています(2021年1月8日追記)】 東急綱島駅と日吉駅を結ぶ …

港北区の「感染者激増」が止まりません。横浜市は、きょう(2020年)12月25日(金)夜、前日となる12月24日(木)までの18区別新型コロナウイルス感染者数を公表、港北区は、4週連続で市内18区最多となる累計843人。 …

日吉の街を彩る「アートコンテスト」の余韻が、まだ残ります。 日吉駅西口から南西側に伸びる商店街「普通部通り会」(日吉普通部通り商店街、薄井芳夫会長)では、先月(2020年)11月21日(土)から今月12月6日(日)まで、 …

1 2 3 4 5 6 85

カテゴリ別の記事一覧