「05_文化・芸術」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田周辺で行われる文化・芸術・音楽などに関連する催しをまとめています

【法人サポーター会員による提供記事です】ハンドメイド作家が集う「綱島M工房」が今月(2024年)4月25日(木)で営業を終了。 今週末4月13日(土)から21日(日)まで、ハンドメイド作品を期間限定で販売する「ドール・ミ …

大倉山から大曽根、樽町を通って師岡へ、港北区のもっとも古い歴史と新緑を味わえるルートとなりました。 港北ボランティアガイドの会は今月(2024年)4月24日(水)の午前にウォーキングツアー「新緑の大倉山から樽町を歩く」を …

新年度にどんな本と出会えるのでしょうか。 港北図書館と図書取次所「日吉の本だな」ではあす(2024年)4月2日(火)から「中身はないしょ!の本」と題し、タイトルが分からないよう包装した本の貸し出しを始めます。 この企画は …

“3年間”の想いをステージに――「コロナ禍」最中に入学した卒業生も交えた最後の演奏会が行われます。 横浜市立日吉台中学校(続橋正寿校長、日吉本町4)と樽町中学校(八木範夫校長、樽町4)の吹奏楽部は、(2024年)3月29 …

桜はまだ咲き始めの時期に――“新型コロナ禍”の制限がない「桜まつり」として開催。初の写真コンクール企画への応募も呼び掛けます。 昨年(2023年)4年ぶりに復活した「綱島公園桜まつり」。 今年(2024年)は今週末3月3 …

港北区の文化・芸術の拠点に――区民が待ち焦がれた「区民文化センター」がいよいよオープン。 きのう(2024年)3月24日(日)に行われた開館記念式典や寄贈品の除幕式、ギャラリーで初めてスタートした展示会に約400人が集い …

新綱島の街を「絵本の世界」で伝えたい――人々の歩みや歴史を「開業式典」としては異例の“読み聞かせ(朗読)”で披露。 来街者の新たな居場所として、ブックカフェや日々の生活利便性を意識した13のテナントを用意し綱島を訪れる人 …

25回目の大きな節目を迎えた「綱島桃(もも)まつり」。晴天に恵まれた綱島の「桃の里広場」に集う人々の思いは、今後新たなイベントに受け継がれていくのでしょうか。 きのう(2024年)3月10日(日)11時から14時まで開催 …

青い空に向けた「一斉放水」の写真が上位に入賞、火災を防ぐための広報PRに活用されていく予定です。 横浜市港北消防署(大豆戸町)と港北火災予防協会、港北消防団(いずれも事務局=消防署内)は、第3回フォトコンテスト「BAE1 …

桜並木で知られる川崎市内の「二ヶ領用水(にかりょうようすい)」を歩き、取水口となる上流の堰(せき)を訪れるツアーです。※3月29日追記:主催者によると当ツアーは開催日の荒天予報のため中止になったとのことです 港北ボランテ …

まもなく開業1年を迎える「新横浜線」でイベントが企画されました。 相鉄(相模鉄道)と東急電鉄は新横浜線開業1周年記念イベントとして今週(2024年)3月9日(土)に新横浜駅の北改札口前(6番出口近く)で、鉄道会社キャラク …

1 2 3 4 5 6 59

カテゴリ別の記事一覧