「04_下田町」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

下田町は日吉駅の西側、日吉1丁目や日吉本町の先に広がる自然豊かで歴史深いエリア。URの大規模団地「サンヴァリエ日吉」が知られていますが、一戸建ての住宅地としても人気を集めます。下田町1丁目周辺には慶應大学のスポーツ施設も集積。町内の「下田小学校」は日吉台小学校に次ぎ日吉で歴史を持つ学校です。

7月に続き新型コロナウイルスの乗客減に対応した改正が行われます。東急バスは来月(2020年)12月1日(火)から日吉駅と綱島駅の発着路線でも系統の一部廃止を含めた時刻変更や本数減、土曜日ダイヤの復活などを予定。特に高田駅 …

港北区が過去最多の47人増で、再び市内で2番目の感染者数となりました。横浜市は、きょう(2020年)11月13日(金)夜に18区別の新型コロナウイルスへの感染者数を公表し、港北区は累計396人となり、対人口比でも1000 …

東急グループ、市営地下鉄、そして大手企業が、日吉で夢のコラボレーションを実現へ――地域の若き経営者たちの想いが、新たな「芸術コンテスト」を産み出しました。 日吉駅西口に位置する普通部通り会(日吉普通部通り商店街、薄井芳夫 …

“知っている”友だちの声が、ある日突然、通りすがりのパトカーから聞こえるかも――。日吉や高田、新吉田など、区内の中高生による「アナウンス録音」が、区内エリアの特殊詐欺の撲滅に貢献しています。 港北警察署(大豆戸町)は、区 …

花と緑のまちづくりのさらなる進展に向けて、「コロナ禍」による中止の苦難を乗り越えてのイベント開催に挑みます。 今年(2020年)の第8回目の開催が中止となった「港北オープンガーデン」(同運営委員会・港北区役所主催)につい …

日吉の「無観客」2試合も好調にスタート、大学ラグビーの頂点を目指す戦いを続けています。 1899(明治32)年の創部から120年超の歴史を誇る慶應義塾大学ラグビー部(蹴球部)。 昨年(2019年)のラグビーワールドカップ …

「誰にも言わないで」という犯人のささやきが、詐欺被害を生むところでした。 港北警察署(大豆戸町)はきのう(2020年)10月13日午後、特殊詐欺(オレオレ詐欺)の被害をストップした「城南信用金庫 日吉下田支店」(下田町4 …

1 2 3 4 5 6 56

カテゴリ別の記事一覧