「04_下田町」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞 - 46ページ目

横浜日吉新聞

下田町は日吉駅の西側、日吉1丁目や日吉本町の先に広がる自然豊かで歴史深いエリア。URの大規模団地「サンヴァリエ日吉」が知られていますが、一戸建ての住宅地としても人気を集めます。下田町1丁目周辺には慶應大学のスポーツ施設も集積。町内の「下田小学校」は日吉台小学校に次ぎ日吉で歴史を持つ学校です。

2009年9月に始まった2期にわたる改築工事を経て、昨年(2015年)4月に病院棟の大幅リニューアルを終えた川崎市立井田病院(川崎市中原区井田2)。今年から新たに進められているのが交通アクセスの改善です。約150台が収容 …

“園芸店”にはない、自然いっぱいの草木の材料を使ったリース作りを親子で――。空き家を利用した異世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」(下田6)では、2月17日(水)10時より11時30分まで「親子でリースと木工工 …

まもなく日吉の球春が始まります。慶應義塾大学野球部は同部の日吉グラウンド(下田町1)で2016年3月6日(日)から4月2日(土)まで約1カ月間にわたりオープン戦14試合を開きます。東京六大学リーグ以外の大学や社会人チーム …

日吉地区社会福祉協議会(片野芳昭会長)は、7回目となる「福祉実践活動発表会~光と活力」を2016年2月7日(日)14時から慶應義塾大学日吉キャンパス協生館の藤原洋記念ホールで開き、日吉町(日吉1~4丁目)や日吉宮前地区( …

港北区は2016年4月入所の認可保育所と小規模保育所(小規模保育事業)における2次受け入れ数(二次利用調整)を公開しました。それによると、日吉と綱島での0~2歳児受け入れ人数は99名で、このうち小規模保育所が83名を占め …

日吉新生活ガイド

ようこそ日吉へ――。今年(2016年)も日吉の街に多くの人が引っ越してきます。横浜日吉新聞ならではの新生活ガイドの第2回は鉄道やバスなど日吉や綱島の交通環境についてまとめました。(第1回「日吉という街の大きな特徴」はこち …

神奈川県ではめったに見られない麦。麦踏み体験で大地を感じてみませんか――。空き家を活用した異世代交流スペースとして話題の「えんがわの家よってこしもだ」(下田6)が主催する麦踏み体験「みんなで麦踏み」が、2016年2月11 …

港北区は2016年4月に小規模保育所(小規模保育事業)4園を開園することを発表し、2園が下田町、2園が綱島東にそれぞれ設置されることが決まりました。特に不足している0~2歳児の保育定員が増えることになります。 日吉に開園 …

朗読に2人の音楽を重ねると、まるでその物語の現場にいるような錯覚が――横浜市運営の福祉施設・下田地域ケアプラザ(下田町4)は、2016年2月21日(日)14時から15時30分まで「音の葉・言の葉~音楽と朗読のコンサート」 …

横浜日吉新聞NEWS速報(事件、事故、火事など)

日吉・綱島でもついにインフルエンザが流行――日吉・綱島エリアの小学校8校(日吉台、下田、日吉南、駒林、矢上、綱島、綱島東、北綱島)のうち、先週2016年1月18日の週から1月26日までの調査で、インフルエンザによる学級閉 …

日吉の各自治会・町内会関係者をはじめ、福祉施設や民生委員などによって組織された日吉地区社会福祉協議会(片野芳昭会長、事務局:日吉本町4コンフォール南日吉自治会事務所内)では、7回目となる「福祉実践活動発表会~光と活力」を …

日吉が東京五輪の重要なキャンプ地に――。2020年の7月24日から8月9日まで東京で予定されている夏季オリンピック(2020年東京五輪)で、英国オリンピック代表チームのトレーニングや事前キャンプ地として、慶應大学日吉キャ …

カテゴリ別の記事一覧