ひっとプラン港北

横浜日吉新聞

日吉の街を歩いて知り楽しむ「スタンプラリー」を初開催、“オール日吉”体制で地域まちづくりを盛り上げます。 日吉地区(日吉1~7丁目、日吉本町、箕輪町、下田町)を活動エリアとする日吉地区社会福祉協議会(日吉社協)は、今月( …

あなたが「イイね」と思った地域活動を選んで一票を――インターネット上での「投票」ページが立ち上がりました。 地域のつながりづくりの輪を広げることを目的とし募集した「あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト」。 …

3年ぶりに開催された「街のコンサート」に230人が来場、“コロナ禍”を乗り越え、地域のつながりや絆(きずな)を再確認できる時間となったようです。 横浜市港北区で展開する地域福祉保健計画「ひっとプラン港北」の大曽根地区推進 …

自分の住み通うまちを「より楽しくより良く」するチャレンジを、地域に発信してみませんか。 横浜市港北区福祉保健センター福祉保健課(大豆戸町、丹野久美課長)と港北区社会福祉協議会(同、加藤修会長)は、地域のつながりづくりの輪 …

綱島では「顔の見える関係づくり」により力を入れていく考えです。地域の福祉や子育てなどの課題解決を目指す「ひっとプラン港北」が更新され、港北区内の13地区でもそれぞれ2025年度までの計画を策定。今回は「綱島地区」の地区計 …

コロナ禍に加えて自然災害が多発する今だからこそ、地域課題を解決する糸口となる重要な計画です。 港北区内の13地区ごとに福祉や保健の方向性をまとめた「ひっとプラン港北」が更新され、2025年度までの計画がこのほど決まりまし …

日吉地区では「地域のつながりづくり」により注力していく方針です。地域の福祉や子育てなどの課題解決を目指す「ひっとプラン港北」が更新され、港北区内の13地区でもそれぞれ2025年度までの計画を策定。今回は「日吉地区」の地区 …

町あるきの成果に、ハザードマップの危険区域もプラスした「防災マップ」が日吉宮前地区で配布されました。 日吉5丁目から7丁目をエリアとする日吉町宮前自治会(足立弘会長)は、同自治会エリアの浸水・土砂災害想定区域のリスクや地 …

在宅勤務が増えて平日の様子が分かるようになった――。新型コロナウイルス禍を経て、地域に対する見方の変化や、身近なつながりの重要性があらためて認識されつつあるようです。 港北区は、福祉(安心な暮らし)や保健(健康維持)の方 …

高齢者や幼児・児童、障害者など、助けを必要としている人たちを地域でどう支えていくか――。港北区内の各エリアごとに福祉(安心な暮らし)や保健(健康維持)の方向性を決める「ひっとプラン港北」が2021(令和3)年度に更新され …

オール日吉の「まちづくり」イベントが10回目の開催となりました。日吉地区社会福祉協議会(片野芳昭会長)は、日吉地区での活動発表や情報共有を目的とした「福祉実践活動発表会~光と活力」を、きのう(2019年1月)27日(日) …

日吉の自治会・町内会関係者や福祉施設、民生委員などで組織された日吉地区社会福祉協議会(片野芳昭会長)は、恒例の「福祉実践活動発表会~光と活力」を今月(2017年1月)29日(日)14時から慶應義塾大学日吉キャンパス協生館 …

カテゴリ別の記事一覧