魅力的な“地域活動”に一票を、港北区「あなたのイイね」コンテストでネット投票

横浜日吉新聞

あなたが「イイね」と思った地域活動を選んで一票を――インターネット上での「投票」ページが立ち上がりました。

「あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト」ではエントリー作品を紹介する「投票用冊子」も用意している(港北区のサイト)

「あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト」ではエントリー作品を紹介する「投票用冊子」も用意している(港北区のサイト)

地域のつながりづくりの輪を広げることを目的とし募集した「あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト」

横浜市港北区福祉保健センター福祉保健課(大豆戸町、丹野久美課長)と港北区社会福祉協議会(同、加藤修会長)が主催し昨年(2022年)11月30日まで募集していた応募作品の中から10点を選出。

きのう(2023年)1月10日(火)から1月31日(火)まで、いずれの作品か1点を推薦するインターネット上での投票を呼び掛けています。

作品の審査は、港北区地域福祉保健計画「ひっとプラン港北」策定・推進会議の委員が担当。

応募は「Googleフォーム」から。10つの作品が紹介されている(港北区のサイト「投票用冊子」より)

応募は「Googleフォーム」から。10つの作品が紹介されている(港北区のサイト「投票用冊子」より)

趣味や得意な事、仕事などを活かした、個人または団体の取り組みとして、「まちを『より楽しく・より良くしようとする取り組み』として募集をおこないました。一つひとつの地域活動についてまずはご覧いただき、どの作品が身近な地域の助けあい、支えあいを進めるために『イイね』と思えるかの投票をいただければ」と同イベントの企画担当者。

なお今回の投票と最終審査会を経て、最優秀賞優秀賞企業協賛賞(横浜F・マリノス、横浜グリッツ)や佳作2点を選出。

結果については、来月2月15日以降区役所サイト上にて公表予定とのことです。

超少子高齢化が今後さらに進む地域活動の「モデル」としても、どういった活動がより多くの人々の心を捉(とら)えるかに、大きな注目が集まりそうです。

【関連記事】

・【作品の募集記事】まちの“素敵な”取り組み募集、港北区が「あなたのイイね」コンテスト(2022年10月3日)

地域課題を解決する糸口に、2025年度までの「ひっとプラン港北」が更新(2022年1月24日)

【参考リンク】

あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト(港北区福祉保健センター福祉保健課)※2月15日(水)以降に結果を発表予定

あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト「投票用冊子」(同)※PDFファイル

あなたのイイね!伝えよう~まちの素敵な取組コンテスト~WEB投票(Googleフォーム)※1月31日(火)まで


カテゴリ別記事一覧