03_箕輪町

横浜日吉新聞

箕輪町は日吉の綱島寄りにある街で、昔は工場・農業地帯でしたが、日吉駅に比較的近く、綱島街道が通る1丁目や2丁目を中心に、住宅地として著しい発展を遂げています。アピタ日吉店など一連跡地の大規模再開発や、隣接するパナソニック工場跡地(綱島SST)の再開発に注目が集まるエリアです。2020年春には「箕輪小学校」の開校も予定されています。

東京や横浜都心部のレストランなど飲食店のメニューを配達する「ウーバーイーツ(UberEATS)」が日吉エリアの一部でも始まりました。きのう(2018年5月)24日から川崎市内の中原区や幸区、川崎区の3区でサービスが始まり …

今年(2018年)3月30日にオープンした「アピタテラス横浜綱島」(綱島東4、綱島SST内)が日吉と綱島の全域と高田東などの地域を対象に、自宅まで商品を届ける「ネットスーパー」をきのう(5月)23日から始めました。 アピ …

2020年4月に開校を予定する箕輪小学校(日吉台小学校第二方面校)の設置を盛り込んだ横浜市立学校条例の改正案が今月(2018年5月)17日から始まった横浜市会に提出され、同校に関する質疑では林文子市長が野村不動産による「 …

箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地「箕輪町計画」(日吉大規模複合開発プロジェクト)の一部に建てられる横浜市立の「箕輪小学校(日吉台小学校第二方面校)」について、横浜市教育委員会は、今年(2018年)11月1日に着 …

100万円分プレゼントと銘打ち、箕輪町で行われる大規模再開発のキャンペーンが先月末(2018年4月)から始まりました。箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地に1320戸のマンションなどを整備する構想の「箕輪町計画」に …

日吉・綱島・高田の沿線レポート

【日吉・綱島・高田からの沿線レポート】青葉区奈良にある「こどもの国」が1965(昭和40)年に開園してから今月(2018年5月)5日(土・祝)で53回目の誕生日を迎え、当日は中学生までの入園料が無料となります。親子二代や …

今月(2018年5月)19日(土)の試合は綱島と新吉田などの住民を対象に招待が行われます。日産スタジアムは、2018年のJリーグシーズンも地元の港北区民を対象に横浜F・マリノスの5試合に計500人(1試合各50組100人 …

横浜市が運営する在宅介護支援と“誰もが利用できる”交流施設「地域ケアプラザ」からの最新情報のお知らせです。情報のご提供をいただきました港北区内の<地域ケアプラザからのお知らせ>としてまとめて掲載します。施設のご利用や詳細 …

港北区内の待機児童数は今年(2018年4月)1日現在で15人であると横浜市が発表しました。待機児童の定義は昨年(2017年)10月の集計から見直され、育児休暇中で復職意思のある親の子が認可保育所に入れなかった人の数も含ま …

経済成長に伴い、人口集中で「交通戦争」と言われた1968(昭和43)年に港北区で発足した「港北安全運転管理者会」(事務局:大豆戸町・港北警察署内)が、今年(2018年)2月に創立50周年を迎えました。 1965年(昭和4 …

カテゴリ別の記事一覧