オンラインイベント

横浜日吉新聞

6年半にわたる保護者の苦労と横浜市における教育行政に危うさが潜んでいたことを浮き彫りにしました。 2015(平成27)年9月に突如公表され、閉校方針が二転三転した末に「分校」となり、今年(2022年)4月からは「本校」に …

6年半にもわたる“閉校騒動”は一体何を残したのでしょうか。横浜市教育委員会によって突如発表された北綱島特別支援学校(綱島西5)の再編計画をめぐる一連の動きをテーマに同校保護者らが今月(2022年)6月5日(日)午後にパネ …

鶴見川の百年を記録した“幻の記念誌”がこのほど38年ぶりに増補復刻版としてよみがえり、今月(2022)年5月15日(日)にはオンラインでの記念イベントも行われます。 今年3月末にNPO法人鶴見川流域ネットワーキング(綱島 …

5年以上にわたって準備を行ってきた“日吉のオリンピック・パラリンピック”を締めくくるイベントです。横浜市市民局はきょう(2022年)3月22日(火)18時から「東京2020大会事前キャンプを振り返る~英国オリンピック委員 …

日吉エリアと慶應体育会をつなぐスポーツ交流イベントが、3年ぶりに“オンライン”で開催されます。 例年、慶應義塾大学下田グラウンドや下田寮周辺(日吉本町2~下田町1)で開催されてきた「桜スポーツフェスタ」(慶應義塾体育会・ …

1980年代にプロ野球を観ていた人なら誰もが知っているに違いない、あの“盗塁王”がセカンドライフの見つけ方や挑戦への心構えを語ります。 トークイベント「港福一夜城(こうふくいちやじょう)」(港福城プロジェクト主催=事務局 …

神社の「狛犬」と「鶴見川流域」をテーマとしためずらしい講座が今週末(2022年)3月5日(土)にオンラインで開かれます。 小机町にある地域防災施設「鶴見川流域センター」とNPO法人鶴見川流域ネットワーキング(綱島西2)は …

スポーツが「SDGs(エスディージーズ=持続可能な開発目標)」に果たす役割について、世界的なスポーツの現場や学術的な視点から考える貴重な機会となりそうです。 慶應義塾大学のスポーツ医学研究センターなどは今週(2022年) …

港北区内と綱島での勤務経験を持ち、横浜市内の災害対策に詳しい防災士・鷲山龍太郎さんが今年も区民向けの防災対策を伝授します。 港北区医師会(鈴木悦朗会長=日横クリニック院長)は、恒例の「港北区民のための災害対策講座」を来月 …

鶴見川流域にある自治体などが一体となり、さらなる対策を進めます。鶴見川に関わる1都1県と4市、国土交通省関東地方整備局で組織した「鶴見川流域水協議会」(事務局:国交省京浜河川事務所)は、今週(2022年)2月11日(金・ …

カテゴリ別の記事一覧