港北土木事務所

横浜日吉新聞

満開の「ツツジ」の花が、宮内新横浜線沿いの新吉田や新羽の街を彩ります。 例年、街を彩るツツジの花。新横浜駅前から高田駅付近まで至る区間のうち、新吉田南交差点(新吉田町・新吉田東8)から新羽町エリアに植えられたツツジが見ご …

横浜市は、2022(令和4)年4月1日付けの人事異動をきのう3月29日に公表し、港北区では昨年就任した鵜澤聡明区長に代わって市建築局の漆原順一住宅部長が新たに区長に就きます。副区長も交代となっており、4月から始まる新年度 …

下田小学校脇のバス通りに、「イラストが浮かび上がる」かのような道路の柵(さく)が完成、通りかかる人々の視線を集めています。 横浜市港北土木事務所(大倉山7、奥野雅量所長)がおこなう市道「下田97号線」の、約40メートルに …

東急新横浜線(相鉄・東急直通線)の開業を約1年後に控え、線路下に建設された地下道がきょう(2022年)3月15日(火)の昼12時から通行できるようになります。 来年2023年3月に開業予定の東急新横浜線の建設工事の影響を …

安心・安全に歩ける歩道がいよいよ完成へ――最終章を迎えた2月末頃の工事終了を前に、「道路拡張工事」を学ぶ特別授業がおこなわれました。 横浜市港北土木事務所(大倉山7、奥野雅量所長)は、きのう(2022年)1月17日(月) …

日吉駅前で初となる「路上看板」撤去の大規模パトロールがおこなわれました。 2018(平成30)年10月から横浜市内で27カ所目の「美化推進重点地区」に指定された日吉駅前のポイ捨て防止と、路上に設置された看板や設置物への注 …

地元小学生が土木事務所とタッグを組み、初めての「らくがき消し」をおこないました。 大曽根2丁目にある横浜市立大曽根小学校(丹波悟亮校長)の6年生クラスに在籍する約30人の児童は、担任の北原穂浪(ほなみ)教諭らと、先週(2 …

事業開始150周年を迎えた郵便局が、「身近な道路の清掃・美化活動」にチャレンジすることになりました。 横浜市道路局は、身近な道路の清掃・美化活動を継続的に行うボランティア団体として、港北区内の2つの郵便局の団体を、「ハマ …

昨年(2020年)12月22日に2車線で暫定開業した「宮内新横浜線」の高田駅入口交差点と新吉田南交差点までの約960メートルが4車線化し、年度末となる先月(2021年)3月31日から供用を始めており、高田駅前から新横浜駅 …

卒業記念の想い出に、地域の「公園」をきれいに彩るチャレンジを行いました。 横浜市で最も通学児童が多いマンモス校としても知られる横浜市立師岡小学校(師岡町)では、6年生1クラスの児童約30人が、先週(2021年)3月1日( …

格段に速く便利になりました――。きのう(2020年)12月22日(火)午後、都市計画道路「宮内新横浜線」の高田駅入口交差点(高田西1/高田東4など)から新吉田南交差点(新吉田町/新吉田東8)までの約1.3キロ区間が2車線 …

偶然にも、綱島小学校の70周年を祝うかのような、新しい「交差点名標識」が綱島の街に誕生しました。 今月(2020年)11月2日、港北土木事務所(大倉山7、秋本圭一所長)は、綱島西1丁目と2丁目、3丁目に跨(また)がる子母 …

カテゴリ別の記事一覧