港北交通安全協会

横浜日吉新聞

師岡の町に神輿(みこし)を曳く子どもたちの声が3年ぶりに響き、神社の境内に「子ども神輿」がずらり勢ぞろいしました。 師岡町祭礼委員会は、先週(2022年)8月20日(土)と21日(日)に3年ぶりとなる「お祭り(師岡町御祭 …

「事故ゼロ」の願いは、日吉駅を行き交う人々に届いたのでしょうか。 横浜市港北区(大豆戸町)が主体となる港北区交通安全対策協議会(会長:漆原順一港北区長)は、今年(2022年)7月11日から7月20日まで神奈川県内で一斉に …

交通事故から子どもたちを守りたい――全小学校に「黄色いベスト」の輪が広がります。 先週(2021年)8月3日午前、横浜市港北区役所(大豆戸町)で、一般財団法人港北交通安全協会(大豆戸町)から、港北区内の横浜市立小学校26 …

通学時の子どもたちを見守る「黄色いベスト」の輪が、樽町・大曽根エリアから広がっています。 夏休みを待ちわびる7月も半ばの大曽根小学校(大曽根2、丹波悟亮校長)。港北区内で児童数が3番目に多い878人(2021年4月現在) …

夏の行楽シーズンもいよいよスタート。「コロナ禍」が続きながらも、港北区内で増加している交通事故への警鐘を鳴らします。 横浜市港北区(大豆戸町)が主体となる港北区交通安全対策協議会(会長:鵜澤聡明港北区長)は、今年(202 …

相次ぐ二輪車事故を防ぎたい――横浜市港北区が主体となる港北区交通安全対策協議会(会長:栗田るみ港北区長)は、きのう(2019年)8月19日の午後、綱島東4丁目・綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウ …

経済成長に伴い、人口集中で「交通戦争」と言われた1968(昭和43)年に港北区で発足した「港北安全運転管理者会」(事務局:大豆戸町・港北警察署内)が、今年(2018年)2月に創立50周年を迎えました。 1965年(昭和4 …

「お酒を飲んだら乗るな」の徹底で、飲酒運転の撲滅を――横浜市港北区が中心となった港北区交通安全対策協議会(会長:横山日出夫港北区長)は、昨日(2017年)12月12日の14時より、東急線日吉駅構内の地上コンコース(日吉2 …

1994年から23年間、箕輪町の交流を支えたギャラリーが11月末で閉鎖することになりました。 箕輪町3丁目で「池田理容室」を経営する池田由蔵(よしぞう)さんが、理容室横で運営してきた「ギャラリー池田(レンタルホ-ル池田) …

カテゴリ別の記事一覧