池谷家

横浜日吉新聞

43年前、人間国宝によってデザインされた港北公会堂の「緞帳(どんちょう)」が持つ価値や地域と結ばれた糸を再び確認できる機会となりました。 日本を代表する染色作家・芹沢銈介(せりざわけいすけ)氏(1895~1984年)がデ …

人間国宝が港北区に残した“鶴見川の緞帳(どんちょう)”の作品価値と地域のつながりを再認識できる機会となりそうです。日本を代表する染色作家・芹沢銈介(せりざわけいすけ)氏(1895~1984年)がデザインした港北公会堂の緞 …

地域の歴史を知り、学び、そして楽しむ――港北区の歴史、そして文化、そこに生きる人が歩む足跡を記録し、分かちあうことで、新たな未来を描こうという連載「【わがまち港北番外編】こうほく歴史まち歩き」。第5回は綱島地区編です。東 …

鉄道の開業を待つ綱島の古民家に、15年ぶりに「鯉のぼり」がたなびいています。 東急新横浜線・新綱島駅(2022年下期=同年10月~2023年3月末開業予定)にも近い綱島東1丁目の古民家で歴史的建造物の池谷(いけのや)家住 …

綱島の桃を「ぼんぼり」の灯が優しく照らします。綱島東1丁目、建設工事中の東急新横浜線「新綱島駅」にも隣接した古民家・池谷(いけのや)家住宅と、池谷桃園(とうえん)は、きのう(2021)年3月22日(月)から「池谷桃園ぼん …

昨年(2020年)に引き続き、「過去最速」での開花となりました。 綱島で桃農家を唯一営む旧家「池谷(いけのや)家」(綱島東1)では、昨年と同日の先週末(2021年)3月11日(木)に「桃」の開花を宣言。 例年(3月下旬か …

綱島・池谷家に、今年も「びわ」と「桃」の季節がやってきます。 明治30年代からの百十数年もの桃栽培の歴史を継ぎ、現在、綱島で唯一の桃農家として知られる池谷家の「池谷桃園」(綱島東1)。 今年(2020年)は、桃の花が、3 …

綱島の歴史を伝える桃の花が、過去「最速」の開花宣言――綱島エリアで唯一の桃農家・池谷(いけのや)家の桃の花が、暖冬の影響を受け、前年(2019年)より4日早い一昨日(2020年)3月11日に開花しました。 「私の記憶では …

綱島の歴史と祭りを同時に楽しむウォーキングツアーが企画されました。 港北ボランティアガイドと港北区役所は、来月(2020年)3月8日(日)に同日開催の「綱島桃まつり」と、桃に関する周辺スポットを歩いて散策する「綱島桃まつ …

今年(2019年)の桃の収穫は――東急日吉駅(日吉2)併設の日吉東急アベニュー(avenue、株式会社東急百貨店)で、地域に根差した“綱島の桃”をテーマとした初めての「地ビール」イベントが行われます。 今週末(2019年 …

綱島「池谷桃園(いけのやとうえん)」での、この夏の桃の収穫が最盛期を迎えます。 明治30年代からの百十数年もの桃栽培の歴史を継ぎ、現在、綱島で唯一の桃農家として知られる池谷家(綱島東1)では、同家が経営する桃畑(池谷桃園 …

今年は例年より1週間程度も早い開花となりました。綱島で桃農家を唯一営む旧家「池谷(いけのや)家」(綱島東1)の桃の花が先週末(2019年3月)15日に早くも開花。例年(3月下旬から4月上旬)より早めの、今週21日(木)以 …

カテゴリ別の記事一覧