横浜市会

横浜日吉新聞

横浜市内でも年々長くなる“火葬待ち”に対応するため鶴見区大黒町で市が計画中の「東部方面斎場(仮称)」は、当初の予定から半年遅れ、今から3年10カ月後の2026年10月に完成の見通しとなりました。 今月(2022年)12月 …

来年(2023年)3月の改正で昼間のグリーンラインは「10分に1本」に減ることになります。 横浜市交通局はきのう(2022年)12月16日、横浜市会(市議会)の「水道・交通委員会」で来年3月18日(土)の相鉄・東急直通線 …

相鉄・東急直通線(新横浜線)などの「神奈川東部方面線」の需要予測が当初と比べて3割減っており、新横浜駅と新綱島駅間では普通運賃に最大で70円の加算運賃が設定される可能性もあるといいます。きのう(2022年)5月31日に開 …

グリーンラインの定期券利用者が約3割減っているといいます。きのう(2022年)3月7日に開かれた横浜市会(市議会)の予算第二特別委員会で市交通局が新型コロナウイルス禍の影響を明かしました。 市交通局の亀本武伸・高速鉄道本 …

グリーンラインの6両編成電車は9月から導入されます。横浜市交通局は市営地下鉄グリーンラインの6両編成化で、今年(2022年)9月下旬に最初の1編成を運行する計画を明らかにしました。 先週(2022年)2月18日に開かれた …

港北区や綱島らしさがあふれる「ステージ幕」デザインを発表、利用料金などの概要も議決される予定です。 横浜市港北区区政推進課は、2023年度下期(10月~2024年3月)に開館する予定の「港北区区民文化センター」(綱島東1 …

保護者や地域に不安と不信感だけを残した6年半でした。北綱島特別支援学校(綱島西5)が上菅田特別支援学校の分校となっている状態は今年度で解消され、新年度が始まる今年(2022年)4月1日から正式な「本校」に戻ります。 一昨 …

【2022年2月時点の記事です】グリーンラインの鶴見駅延伸など長年にわたって検討が続けられている“横浜環状鉄道計画”について、来年度の検討調査費は前年と同額にとどまりました。 きょう(2022年)2月9日(水)から横浜市 …

「これほど大きくお客様が減少したのは、終戦を迎えた昭和20年以来のこと。戦後最大の乗車人員の減少だ」――今年(2021年)4月に100周年を迎えた横浜市交通局が新型コロナウイルス禍の影響で歴史的ともいえる乗客減に見舞われ …

コラム:横浜ウオッチ

【連載コラム:横浜ウオッチ(第2回)】先月(2021年)8月30日に新市長を迎えた横浜市。この2週間ほどの間に初の記者会見が行われ、先週9月10日(金)には市議会も始まり、少しずつ市政での新たな考え方や方向性が示されつつ …

コラム:横浜ウオッチ

【コラム:横浜ウオッチ(1)】きょう(2021年)8月30日(月)から新たな市長を迎える横浜市。377万8000人超が住み、4万4200人超の職員が働く市役所にどんな変化が現れるのでしょうか。港北区民の目線から“ヨコハマ …

新型コロナ禍での学校活動に苦心している様子がうかがえます。横浜市教育委員会は、小学校や中学校、特別支援学校などの市立学校における感染対策や感染状況、今後の方針などを今月(2021年)4月21日に横浜市会「こども青少年・教 …

カテゴリ別の記事一覧