<3月18日ダイヤ改正>日中のグリーンラインを「10分間隔」に削減へ

横浜日吉新聞

来年(2023年)3月の改正で昼間のグリーンライン「10分に1本」に減ることになります。

横浜市交通局はきのう(2022年)12月16日、横浜市会(市議会)の「水道・交通委員会」で来年3月18日(土)の相鉄・東急直通線開業と同時に行う地下鉄のダイヤ改正概要を公表しました。

3月18日(土)のダイヤ改正後は、グリーンラインで日中1時間あたり8本の運転本数を6本に減らす方針(横浜市会「水道・交通委員会」12月16日資料より)

これによると、グリーンラインの運転本数について、昼間(平日10時~15時台、土休日11時~15時台)は現在の7分30秒間隔を10分に伸ばし、1時間あたり8本の運転本数を6本に減らす方針です。

グリーンラインでは昨年度、新型コロナウイルス禍前の実績と比べて乗車人員が約21%減っているといい、昼間の運行本数を減らしてコストの削減を図るものです。

6両編成化が進むグリーンラインの列車(2022年10月、北山田駅)

なお、朝や夕方のラッシュ時間帯の運転本数に変更はないとのこと。

また、ブルーラインの運転本数についても、昼間(平日10時~14時台、土休日11時~15時台)の各駅停車(普通)運転を現在の平均7分30秒間隔から平均10分間隔に伸ばし、1時間あたり8本ある運転本数を6本に減らす方針です

各駅停車とは別に日中を中心として約30分に1本の割合で運転しているブルーラインの「快速」については、運転時間帯を平日は10時から17時、土休日は9時から21時まで1時間延長する計画としています。

【関連記事】

グリーンラインの6両編成化、まずは平日朝の「日吉行」3本に投入(2022年9月7日、一部列車の6両編成化を進めている)

定期券の利用者が3割減った「グリーンライン」、朝のラッシュは25%減(2022年3月8日)

【参考リンク】

横浜市交通局の公式サイト(ダイヤ改正については12月17日現在未掲載)


カテゴリ別記事一覧