再開発

横浜日吉新聞

新綱島駅(仮称)周辺の都市計画を一部変更することにともなう横浜市の「素案説明会」が来週(2019年6月)14日(金)の19時から綱島地区センター(綱島西1)で開かれます。 2023年3月末までの開業に向けて、綱島東1丁目 …

綱島駅東口エリアの再開発に向け、横浜市が本格的に動き出しました。市の都市整備局は新年度となる今月(2019年4月)1日から綱島駅西口に出先機関である「開発事務所」を新たに設け、所長以下14人の職員を配置して、再開発計画の …

来年(2020年)夏開催の「2020年東京オリンピック」を控え、渋谷駅の周辺が「高層ビル」だらけの街になりつつあります。日吉や綱島などに住む東急東横線の利用者にとって、切っても切れない関係にある“渋谷再開発”の現状をまと …

横浜市都市整備局による綱島駅東口(新綱島含む)の再開発に関するページが刷新され、街づくりの方向性や土地利用の方針を示した地図が新しくなるとともに、新綱島駅(仮称)の地下に設けられる「自転車駐車場整備事業(駐輪場)」のペー …

綱島東口における30数年来の悲願に向け、新たな一歩を踏み出しました。相鉄・東急直通線の新綱島駅(仮称)上部で28階建ての再開発ビル建設の主体となる「新綱島駅前地区市街地再開発組合」の設立祝賀会が今月(2018年11月)2 …

【レポート】美しく優雅で気品にあふれた文教の薫りが漂い、アカデミックな雰囲気とダイナミックに変貌し続ける、緑豊かで永住するにふさわしい街――などとアピールされている「日吉・綱島・高田」。 今も新築マンションの建設が相次い …

綱島東6丁目の工場が密集する地域で、28戸の一戸建て住宅を分譲する計画が明らかになりました。 この場所は、横浜市内を中心に店舗展開していた酒類専門店の「マインマート綱島店」が2012年まで営業していた跡地で、東海道新幹線 …

日吉・綱島・高田の沿線レポート

【日吉・綱島・高田からの沿線レポート】2023年3月までに「相鉄・東急直通線」が開通した後には“同じ沿線”となる二俣川(旭区)。運転免許を持つ横浜市民なら一度は行くことになるこの街が大きく変わっています。近い将来、気軽に …

今年(2018年)3月に完成した「綱島SST(Tsunashimaサスティナブルスマートタウン)」に近い箕輪町2丁目や綱島東4丁目では、現在も住宅建築や解体、事業所の撤退などの動きが複数確認され、特にバス通り(旧「日吉元 …

箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地に1320戸のマンションなどを整備する構想の「箕輪町計画」(日吉大規模複合開発プロジェクト)について、野村不動産は、まちづくりの計画内容などを説明する「オープンハウス」をあす(2 …

赤門坂付近の駐車場を使った宅地開発が相次いでいます。“坂の上部”にあたる日吉本町1丁目側で14戸の一戸建て開発が進むと同時に、至近の日吉本町2丁目側でも5区画の宅地分譲工事が始まりました。 日吉本町2丁目側の宅地分譲は、 …

認可保育所は“5階レベル”に設けられる計画であることがわかりました。 箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地に1320戸のマンションなどを整備する構想の「箕輪町計画」(日吉大規模複合開発プロジェクト)について、野村不 …

1 2 3 4 5 6 9

カテゴリ別の記事一覧