再開発

横浜日吉新聞

昨年(2015年)11月に閉店し、今年(2016年)6月から解体作業が行われてきた旧「アピタ日吉店」(箕輪町2)の建物が跡形もなくなっていました。 9月19日現在の写真では、建物の鉄筋やコンクリートなどの残骸のみが残って …

緑が豊かなで閑静な日吉や綱島や高田の住宅地。良好な環境を気に入って家と土地を買ったのに、隣にマンションが建ち、田畑と空地はアパートやコインパーキングに変わり、何年かで街の様相も住人も一変。住宅街としての価値がすっかり下が …

日吉と綱島での再開発が加速する引き金となった「相鉄・東急直通線」の開通が大幅に延期されることになり、「今から2年半後」だったのが一気に「6年以上先」の遠い話に変わってしまいました。 しかし、一度走り出してしまうともう後戻 …

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、昨日(2016年8月22日)夜に慶應義塾大学日吉キャンパス内で、旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会を開催。 …

昨日(2016年8月22日)夜に開かれた旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会では、会場に集まった約300人の住民から次々と手が上がり、15人以上が事業主である野村不動産に質問し …

一昨日(2016年8月19日)の新聞に相鉄線・二俣川駅に建設が進むタワーマンションの大型チラシが折り込まれてきました。“タワマン銀座”の武蔵小杉や、現在売り出し中の新川崎なら分かりますが、これまでは日吉や綱島で二俣川の物 …

綱島パデュ通り(綱島モール商店会)で1980(昭和55)年にオープンし、2013年3月に閉館した大型スポーツクラブ「オアフクラブ」(綱島西2)の旧建物を解体する作業が今月(2016年8月)に入って本格化しています。老朽化 …

日吉箕輪町計画

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、2016年8月22日(月)の19時から20時30分(予定)まで、慶應義塾大学日吉キャンパス内協生館の「藤原洋記念ホール」で、旧アピタ日吉店などの跡地再開 …

元住吉駅前の「ブレーメン通り」を抜けて「井田中ノ町商栄会」の商店街近くにある中原区井田中ノ町1丁目で、積水ハウスが2棟計306戸の大型マンション建設を進めています。この「グランドメゾン元住吉」は、駅から徒歩8分という好立 …

現在、解体工事が行われている日吉駅東口近くの「日吉台学生ハイツ」(箕輪町1)について、同建物を管理する伊藤忠グループの不動産資産運用会社イトーピア・アセットマネジメントは、2016年7月15日と16日に箕輪町公会堂(箕輪 …

アピタ日吉店

昨年(2015年)11月に閉店し、今年(2016年)3月末にすべての専門店が撤退して閉館した旧「アピタ日吉店」の建物を解体する工事が本格化します。2016年6月18日現在、敷地全体を囲むように壁を作る作業が進んでいます。 …

JR東日本グループが幸区北加瀬2丁目の社宅跡地で進めている再開発計画では、賃貸住宅は2LDK(約55㎡)を中心とした60戸とし、商業施設の建物は2棟設ける計画であることが分かりました。川崎市に提出された環境影響評価の準備 …