働き方改革

横浜日吉新聞

1年以上先となる運賃値上げへ向けて異例の早さで申請が行われました。東急電鉄は1年2カ月後の来年(2023年)年3月に実施を計画する運賃改定について、先週(2022年)1月7日に国土交通省へ認可申請したことを発表しました。 …

新型コロナウイルス禍による乗客減を反映した改正となります。東急電鉄は来年(2022年)3月12日(土)に行うダイヤ改正の概要を発表し、東横線では日中時間帯に各駅停車の運転本数を減らす計画としており、日吉駅や綱島駅の利用者 …

JRでも新型コロナウイルス禍の影響を色濃く反映したダイヤ改正となっています。JR東日本は来年(2022年)3月12日(土)に行うダイヤ改正の概要を発表し、山手線や横須賀線など首都圏の主要路線で運転本数を減らすほか、武蔵小 …

これから先、初乗りで10円程度、10数%の運賃値上げを行う計画です。東急電鉄は、新型コロナウイルス禍を契機としたテレワークの定着で定期券利用者が大きく減り、今後もコロナ禍前の水準に戻ることが見込みづらいことから、運賃を値 …

新型コロナウイルス禍の影響で朝の通勤ラッシュがかなり緩和されています。国土交通省は2020(令和2)年度(2020年4月~2021年3月)の最混雑区間における平均混雑率を発表し、横浜市営地下鉄グリーンラインや東急目黒線、 …

横浜市交通局は、来月(2021年)6月26日(土)に小幅なダイヤ改正を行い、地下鉄グリーンラインでは平日の終電時刻と行先を変えることで深夜に実施する保守管理の時間を延ばすほか、朝のラッシュ時間帯には日吉駅方面行の運転間隔 …

“コロナ時代”の通勤・通学スタイルを見据え、東急電鉄が定期券客に対して一歩踏み出したサービスを提供します。来月(2021年)5月12日(木)から7月31日(水)までの約3カ月間、モバイルバッテリーのレンタルサービスや小型 …

初となる郊外商業施設での設置先として選んだのがトレッサでした。東京メトロの駅構内などでパソコン作業などを行うための個室ブース「CocoDesk(ココデスク)」を展開する富士ゼロックス(東京都港区)は、今月(2021年)2 …

渋谷駅から日吉駅や綱島駅方面へ向かう東横線の最終電車「菊名行」の出発は約29分早くなり、目黒駅から目黒線の最終「日吉行」も約15分早く出発することになります。東急電鉄は来年(2021年)3月のダイヤ改正で実施する終電繰り …

東急電鉄は新型コロナウイルスの影響で深夜帯の利用客が減り、「お客さまの働き方や行動様式も、コロナ禍以前の状況に完全には戻ることはない」(同社)との認識から東横線や目黒線で、来年(2021年)3月のダイヤ改正から終電の時刻 …

在宅勤務が増えて平日の様子が分かるようになった――。新型コロナウイルス禍を経て、地域に対する見方の変化や、身近なつながりの重要性があらためて認識されつつあるようです。 港北区は、福祉(安心な暮らし)や保健(健康維持)の方 …

住宅街が多い郊外エリアでは異例となる2店目の出店が決まりました。東急が運営する法人向けの会員制サテライトオフィス「ニューワーク(NewWork)」は、日吉駅前の浜銀通りにあるビルに2号店を今月(2020年)9月29日(火 …

カテゴリ別の記事一覧