<横浜市>小・中学校の「臨時休校」は3/24(火)まで延長、修了式は3/25(水) | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

新型コロナウイルスへの感染対策として3月13日(金)までの予定で休校している横浜市立学校では、臨時休校の日程が3月24日(火)まで延長されることになりました。

きょう(2020年)3月9日の午後に発表した林文子横浜市長のコメントでは、新型コロナウイルス患者の市内発生数が7人であるとの現状を報告したうえで、「先週、市内スポーツクラブで1406名の健康観察対象者が発生するなど、大変、厳しい状況」との認識を示し、510の市内小・中・高校・特別支援学校の休校を継続することを決めたといいます。(2020年3月9日17:05記事公開、同21:05リンク追加)

関内の横浜市庁舎

春休み前の修了式(終業式)については3月25日(水)に実施することとし、学校規模などによっては、24日(火)と25日(水)の両日となる可能性があるとのことです。部活動については、現在同様に3月31日(火)まで行わない方針。

卒業式は、新型コロナウイルス感染症を発症した児童・生徒や教職員、支援員などがいないことを前提に参加人数を抑えたり、式典時間を短縮したり、感染対策を行ったうえで実施となります。

一方、小学校低学年(1~3年生)と小学校・中学校個別支援学級(全学年)、特別支援学校(全学部)を対象とした各学校の「緊急受入れ」については、3月25日(水)まで引き続き行うといい、ただし、26日(木)以降の学年末休業や春休み期間には実施しないとのことです。

【関連記事】

<新型コロナ対策>横浜市の小・中学校は3/3(火)~13(金)に臨時休校(2020年2月28日、前回記事)

<横浜市>港北区内のスポーツクラブ利用者で発熱などある人に呼び掛け(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年3月7日)

【参考リンク】

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の臨時休業について(3月9日発表)

新型コロナウイルス感染症に関する横浜市長コメント(3月9日更新)

新型コロナウイルス感染症対策に係る放課後事業の対応について(横浜市、3月9日21:05リンク追加)


カテゴリ別記事一覧