横浜市立の小中学校「入学式」は4/6(月)、「始業式」は4/7(火)に実施方針 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

横浜市教育委員会は、港北区などにある市立の小・中学校における2020年度の「入学式」を来月4月6日(月)に開催し、「始業式」は翌7日(火)に行う予定であることを公表しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、小学校の入学式については、児童1人につき保護者1人のみを参加可能とする方針です。

横浜市立をはじめ全国多くの小中学校は春休みまで臨時休校状態にある(写真はイメージ、Photo ACより)

きのう3月23日時点で発表したもので、市立小学校の入学式については、新入生の児童と教職員、PTA会長などの保護者代表が参加することに加え、新入生児童1人につき保護者1人のみが参加可能。在校生や来賓は参加せず、時間短縮するなどの形で実施します。

一方、市立中学校の入学式は、教職員と生徒、PTA会長などの保護者代表のみが参加する形で行い、生徒の保護者は参加できない形にするとのことです。

在校生などの「始業式」については、4月7日(火)に実施することを決め、教科書配布などを含め全体で3時間以内とする予定。

このほか、市立の特別支援学校では各校が決めた日程で、市立高校は4月7日(火)に入学式を行う考えです。

4月8日(水)以降の新学期(2020=令和2年度)から授業を全面再開するのか否かについては、「4月以降のさまざまなシナリオを検討」(林文子横浜市長)しているといい、今月3月30日(月)を目途にあらためて通知する予定とのことです。

【4月3日20:15追記】横浜市は新年度から短縮授業での再開を一度は発表しましたが、「本市では爆発的な患者の急増は発生していないものの、再開することのリスクを考慮」(発表ページ)したといい、4月8日(水)から20日(月)まで、市立の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校などの臨時休校を決めました。その後の再開については、4月13日(月)をめどに告知するとのことです。詳細は市の発表ページをご覧ください。

【関連記事】

<横浜市の小中学校>4月中は半日程度の「短縮授業」、小学校給食は4/13(月)から(2020年3月30日、※最新記事へのリンク追加

<横浜市>小・中学校の「臨時休校」は3/24(火)まで延長、修了式は3/25(水)(2020年3月9日、春休みまでは臨時休校中)

【参考リンク】

横浜市「学校・教育」のページ(3月23日23時20分時点で、入学式などの情報は未掲載)

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の臨時休業等について(2019年3月24日公表、入学式・始業式などについても)

新型コロナウイルス感染症に関する横浜市長コメント(3月23日に掲載)

港北区の市立小学校・中学校のホームページへのリンクページ(横浜市教育委員会Y.Y NET)


カテゴリ別記事一覧