横浜市の小中学校「短縮授業再開」は断念、4/20(月)まで臨時休校に ※5/10まで休校延長

横浜日吉新聞

春休み後の新学期は「短縮授業」で市立小学校や中学校、特別支援学校、市立高校などを再開することを決めていた横浜市教育委員会は、きょう4月3日夜に来週4月8日(水)から20日(月)までは授業を再開せず、3月に続き臨時休校とする方針を発表しました。入学式や始業式は当初計画通り行う予定です。【2020年4月3日21:10記事公開】()2020年4月8日16:30追記:臨時休校の期間は5月6日まで延長となりました。()2020年4月28日20:58再追記:臨時休校の期間は5月10日(日)まで延長となりました。詳細はこちらをご覧ください

発表によると、「本市では爆発的な患者の急増は発生していないものの、再開することのリスクを考慮」(市の発表ページ)し、「保護者の皆様や学校からのご不安の声を踏まえ」(林文子市長4月3日夜発表のメッセージ)たものだといい、臨時休校後の4月21日(火)以降の授業再開の可否については、「4月13日(月曜日)を目途にお知らせします」(市の発表ページ)としています。

4月8日(水)から20日(月)までの横浜市立学校の臨時休校を伝える市のページ

横浜市教育委員会は先月3月30日に新学期から短縮授業による再開を決めていたものの、神奈川県は新学期から2週間程度の臨時休校を同日発表し、川崎市も4月6日(月)から17日(金)までの休校をきのう4月2日に決定していました。

横浜市教育委員会では、3月の臨時休校時と同様に小学校1年生から4年生などを対象に各学校で「緊急受入れ」を行うとともに、児童を対象とした「校庭開放」も実施する予定。その期間については、小学校の給食や中学校の「ハマ弁」は実施しないとのこと。特別支援学校の給食は行う方針。

今年から小学校へ入学する新1年生については、緊急受入れについて、「発達の段階等に応じて、原則、保護者等が送迎を行うなどの配慮をお願いします」(同)と呼びかけています。

なお、4月6日(月)市立小中学校での入学式や、7日(火)始業式については当初の予定通り行うとのことです。

【関連記事】

<横浜市の小中学校>4月中は半日程度の「短縮授業」、小学校給食は4/13(月)から(2020年3月30日、一度は再開を決めたが断念)

【参考リンク】

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の臨時休業等について(横浜市、2020年4月3日)


カテゴリ別記事一覧