「港北オープンガーデン」初日は雨予報、スタンプラリーやフォトスポットは一部休止も

横浜日吉新聞

初夏を感じる花や緑雨に濡れてその輝きを増すのでしょうか。

日吉駅の特設案内所は昨年(2021年)開催時の綱島街道側から、日吉駅の配慮もあり中央「銀玉(ぎんたま・ぎんだま)」と呼ばれる虚球自像(こきゅうじぞう)付近に移動し設置された(4月16日)

日吉駅の特設案内所は昨年(2021年)開催時の綱島街道側から、日吉駅の配慮もあり中央「銀玉(ぎんたま・ぎんだま)」と呼ばれる虚球自像(こきゅうじぞう)付近に移動し設置された(4月16日)

横浜市港北区内の個人の庭や、地域の団体・企業などによるコミュニティ花壇を公開するイベント「港北オープンガーデン」(同運営委員会・港北区役所主催)は、きょう(2022年)5月13日(金)から15日(日)までの各日10時から16時まで、イベント後半の「5月の部」の開催を迎えます。

あいにく、先月「4月の部」の初日となった4月15日(金)の開催時も「雨模様」に。

雨でも開催しますが、屋外のフォトスポットについては、雨の場合は設置できなくなります」と港北区区政推進課の同イベント担当者。

「ガーデンベア」もリアルに初登場した綱島「特設案内所」(綱島西1)では雨に濡れないスペースを確保(4月16日)

「ガーデンベア」もリアルに初登場した綱島「特設案内所」(綱島西1)では雨に濡れないスペースを確保(4月16日)

スタンプラリーについても、「雨に濡れてしまう場所の場合は設置しないこともありますので、ご了承ください」と、会場の担当者に判断を任せながらも、“無理はしない”運営スタイルで実施すると説明します。

週末の5月14日(土)と15日(日)に開催を予定している「日吉ルート案内ツアー」「綱島花と緑の歴史ツアー」については、「前日の夕方、または判断ができない場合は当日の朝に、ホームページ上やツイッターで中止となった場合は案内をおこなう予定です」(同担当者)とのこと。

「フォトスポット」の1つとなっている新吉田第一公園「楽しみな花壇」。季節ごとに変わる花の風情を楽しみたい(4月16日)

「フォトスポット」の1つとなっている新吉田第一公園「楽しみな花壇」。季節ごとに変わる花の風情を楽しみたい(4月16日)

各会場は新型コロナウイルス感染症対策のため「庭の外から見学」というスタイルでの運営となりますが、区内では坂が多いエリア、交通量が多い場所なども目立ち、会場も広範囲に及ぶこともあり、“無理のない範囲”での移動や庭の訪問を楽しみたいものです。

)この記事(本文)は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

【関連記事】

<港北オープンガーデン>4月開催は15日(金)から3日間、初参加は13会場(2022年04月15日)※新会場やツアーの詳細も

「レンゲの花摘みができれば」と田邊さん、恒例・緑道まつりは5月14日(土)に(2022年05月12日)※「松の川緑道」も参加会場となっている

初の「花と木のウォーキング」は高田~下田町~日吉で、5月14日(土)開催(2022年04月20日)

新横浜でも「ガーデンネックレス」、GWはハンギングバスケットで来街者を出迎え(新横浜新聞~しんよこ新聞、2022年5月2日)

【参考リンク】

港北オープンガーデン(横浜市港北区役所)※イベントの詳細、ツアーの雨天中止などの告知も掲載予定


カテゴリ別記事一覧