[PR]日吉自動車学校が新設の無料送迎バス「地元路線」、プラウドシティに停車

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】日吉を中心にくまなく「地元エリア」を周る無料送迎バスが、「プラウドシティ日吉」で乗降できるようになりました。

日吉自動車学校の無料送迎バス「下田・矢上線」は、7月1日から「プラウドシティ日吉」にも停車を開始した(同校提供)

日吉自動車学校の無料送迎バス「下田・矢上線」は、7月1日から「プラウドシティ日吉」にも停車を開始した(同校提供)

日吉や綱島エリアにも近い「日吉自動車学校」(日吉6、三栄興業株式会社・中村孝雄社長)は、今月(2021年)7月1日から、通学者用に運行している無料送迎バス「下田・矢上線」の乗降場所として「プラウドシティ日吉」停留所を新設。

人口が増加中の箕輪町エリアから同校への通学利便性の向上に新たにチャレンジしています。

同校で企画・広報を担当する加藤大さんは、「来年(2022年)中に完成する予定のプラウドシティ日吉は、総計画戸数が1318戸にも及ぶことがあり、総人口が約4千人にも至るであろうと推察し、今回の路線の停車を決定しました」と、新たにプラウドシティに停車することを決めた理由を説明します。

「下田・矢上線」の路線図・時刻表。プラウドシティ日吉や綱島西6丁目、日吉本町駅や高田駅、慶應下田寮や矢上キャンパスなどをくまなく周るまさに「地元路線」として好評を博しているという(同校提供)

「下田・矢上線」の路線図・時刻表。プラウドシティ日吉や綱島西6丁目、日吉本町駅や高田駅、慶應下田寮や矢上キャンパスなどをくまなく周るまさに「地元路線」として好評を博しているという(同校提供)

この「下田・矢上線」は、日吉エリアのみならず、綱島西(北綱島)や高田エリアからも利用が可能な「便利な地元の皆様の路線」として昨年(2020年)9月に新設したと加藤さん。

綱島西6丁目やコンフォール南日吉、日吉本町駅や高田駅、高田東3丁目、下田交番、慶應下田学生寮・日吉グラウンド前や日吉2丁目、慶應矢上キャンパス前やセブンイレブン日吉宮前店付近を巡回、「プラウドシティは、比較的学校に近い位置にあるため、送りは最初、迎えは最後に立ち寄ることになります」と、加藤さんは、プラウドシティが学校からも“近い”メリットについても説明します。

日吉自動車学校では感染症対策にも力を入れ運営を行っている。企画・広報担当の加藤大さんも多くの来校・利用を呼び掛ける

日吉自動車学校では感染症対策にも力を入れ運営を行っている。企画・広報担当の加藤大さんも多くの来校・利用を呼び掛ける

同路線は、学校発が7時45分からおおむね1時間に1本の運行を行っていますが、「学校に向かう“迎え”の場合は、前日まで(休校日をはさむ場合は前々日まで)の予約が必要になります。キャンセルされる場合はご連絡をいただければ」(加藤さん)とのこと。

「広い」プラウドシティですが、新しい停留所は東急バス「プラウドシティ日吉」バス停にも近い、プラウドシティとマツモトキヨシ日吉箕輪店(箕輪町2)の間の道に設置。

7月31日(土)まで夏のキャンペーンも実施中(同校提供)

7月31日(土)まで夏のキャンペーンも実施中(同校提供)

「同停留場も、すでに複数の方のご利用をいただいており、手応えを感じています。コロナ禍で遠出も難しい夏、ぜひ地元の皆様に通学してもらえたら」と、日吉・綱島・高田エリアのほか、都筑区や川崎市方面など、15の駅(方面)からもアクセスも可能な「無料送迎バス」7路線の利用も呼びかけています。

※ 記事の掲載内容については、直接「日吉自動車学校」にお問い合わせください。

【関連記事】

[PR]日吉自動車学校が夏のキャンペーン、日吉や都筑区、中原区や幸区に送迎バスも(2021年6月11日)

新規入会で盛り上がる、192社加入の法人会「日吉支部」が新体制(2021年7月14日)※日吉自動車学校も役員として新体制に加わった

【参考リンク】

日吉自動車学校公式サイト

アクセス&無料送迎バス(同)

アクセス&無料送迎バス下田・矢上線(日吉本町駅・高田駅・慶應下田学生寮日吉グラウンド・慶應矢上キャンパス)(同)

令和3年6-7月「夏だ!免許だ!!今ならオプション料金50%OFFキャンペーン」実施中!!(同)※7月31日(土)まで夏のキャンペーン実施中

法人サポーター会員:日吉自動車学校 提供)


カテゴリ別記事一覧