[PR]バイクや車に親しむ秋、「自動二輪」や普通車ペーパー教習を10月開始

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】バイクや車の運転に「最適な季節」といわれる秋。今こそ、自動二輪の免許の取得やペーパー教習に挑戦してみませんか。

日吉自動車学校では、10月1日(土)から、自動二輪・普通車ぺーパー教習の受付を再開。二輪車についても「確かな技術と経験を持つ二輪専門のイストラクター」が担当する(同校提供)

日吉自動車学校では、10月1日(土)から、自動二輪・普通車ぺーパー教習の受付を再開。二輪車についても「確かな技術と経験を持つ二輪専門のイストラクター」が担当する(同校提供)

日吉や綱島、元住吉や武蔵小杉、港北ニュータウン地区など、15駅方面からの無料送迎バスを運行している「日吉自動車学校」(日吉6、三栄興業株式会社・中村孝雄社長)では、来月(2022年)10月1日(土)から、自動二輪・普通車ぺーパー教習の受付を再開する予定です。

新型コロナウイルス禍を受け、「特に学生の皆さんの免許取得希望者が殺到した時期もあり、一時期受付をストップしていました」と、同校の企画広報を担当する加藤大さん

自動二輪の教習は「普通二輪車」(排気量400ccまで)と「普通二輪小型限定」(同125 cc以下)の2種類で、いずれもマニュアル車(MT車)オートマチック車(AT車)から選択が可能。

今年も、港北青少年交通安全連絡協議会主催の「二輪車安全運転競技大会」が10月10日(月・祝)に同校で開催される予定(過去開催時)※雨天予報のため中止とのこと(10月9日追記)

今年も、港北青少年交通安全連絡協議会主催の「二輪車安全運転競技大会」が10月10日(月・祝)に同校で開催される予定(過去開催時)※雨天予報のため中止とのこと(10月9日追記)

確かな技術と経験を持つ二輪車専門のイストラクターによって実践的なテクニックを身につけることができます。どの免許を取得したらよいかについてもご相談いただければ」と加藤さん。

過去に自動車免許のみ取得した方についても受講を歓迎しているといい、オプションで、毎月5名限定の「短期パッケージプラン」や、段階ごとに一括で予約を取ることができる「スケジュールプラン」も用意しているとのこと。

秋は、暑さ寒さを感じるシーンが少なく、バイク免許の取得には最適な季節。予約が早めに埋まることも予想されます」と、なるべく早い段階での受講申し込みや問い合わせを呼び掛けています。

車は久しぶりという方に「ペーパー教習」も

また、自動車の運転免許は取ったけれど、久しく運転していない、子育てや通勤、通学、仕事などで久しぶりに車の運転が必要になるという人を対象とした「ペーパードライバー教習」の受付も10月1日から再開します。

インストラクターが同乗し、苦手な部分を克服できるよう一緒に考え、指導してもらえることが特徴となっている

インストラクターが同乗し、苦手な部分を克服できるよう一緒に考え、指導してもらえることが特徴となっている

インストラクターが同乗し、“苦手な部分”を徹底指導することがポイントとなっており、「例えば、車庫入れを重点的にマスターするなど、柔軟に対応いたします。日吉駅方面(日吉駅~木月)、港北ニュータウン方面(高田町~南山田)、新川崎駅方面(南加瀬~北加瀬~夢見ヶ崎動物公園)、二ツ池方面(駒岡)の4コースの中から、お好きなコースを選んでいただくことが可能です」と企画・広報担当の加藤さん。

満1歳6カ月以上の乳幼児の無料預かりも託児室でおこなっており、オプションとしての高速教習(第三京浜利用)も可能。

職員・教官たちによる季節感あふれるアレンジで来校者を出迎えている

職員・教官たちによる季節感あふれるアレンジで来校者を出迎えている

期間は教習開始後3ヶ月。入学金と写真代で4万1800円(価格はいずれも税込、9月30日現在)、高速教習受講時は、別途1万1000円、高速通行料470円)が必要になるとのこと。

なお、期間内であれば何時限でも練習することが出来ますが、5時限以上の教習を希望される方は、1時限につき4950円の追加料金がかかります。

加藤さんは、「“免許を取ってから何年も運転していない”、“オートマ車ばかり乗っていてマニュアル車の運転の仕方を忘れた”など、運転に関する不安をお持ちの方にお勧めの教習です。特に近郊に転居されてきた方などにもご受講いただければ」と、久しぶりに車に乗ることでの“不安”を払拭(ふっしょく)し、安心・安全に受講してもらえるペーパー講習のメリットを感じてもらえればと意気込みます。

「新綱島駅」が好調、駒岡・トレッサ・樽町経由の無料バス

インスタグラムやツイッターなどのSNSで、職員・教官手作りの「記念写真パネル」でつぶやいた人を対象に自販機のコインをプレゼントするキャンペーンも期間限定で実施している

インスタグラムやツイッターなどのSNSで、職員・教官手作りの「記念写真パネル」でつぶやいた人を対象に自販機のコインをプレゼントするキャンペーンも期間限定で実施している

今夏7月からスタートしたばかりの無料送迎バスの新路線「新綱島線(駒岡・トレッサ経由)」についても、少しずつ利用者が増加。

「特に、新綱島方面への“送り”の需要が増えています」と、さらなる利用者の増加も視野に、周辺エリアに職員・スタッフが案内チラシを配布するなどしての新路線の開設についての案内をおこなっています。

「無料送迎バスの新路線もぜひ利用してもらえたら」と加藤さん

「無料送迎バスの新路線もぜひ利用してもらえたら」と加藤さん

トレッサ横浜(師岡町)や、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店(中原区小杉町3)の「免許受付カウンター」(株式会社スターズアンドハーツ運営、東京都千代田区)を通じての入校申し込みや問い合わせも増えているとのこと。

加藤さんは、「便利な無料送迎バスで、駒岡や樽町、師岡町エリアからも受講いただければ」と、周辺地域からの受講申し込みにもより“きめ細やか”に対応していく考えです。

※ 記事の掲載内容については、直接「日吉自動車学校」にお問い合わせください。

【関連記事】

日吉にウーバー配達員60人超、関東初の「二輪車講習」でメディアも注目(2020年12月15日)※日吉自動車学校で開催

[PR]新綱島から約5分、日吉自動車学校が駒岡・トレッサ・樽町経由の「新バス路線」(2022年7月5日)

[PR]日吉自動車学校が新設の無料送迎バス「地元路線」、プラウドシティに停車(2021年7月20日)

[PR]通学の悩み解決、日吉の自動車学校がZoom相談や「質問箱」まとめを公開(2021年9月29日)

【参考リンク】

日吉自動車学校公式サイト

10月1日より自動二輪・普通車ぺーパー教習の受付を再開!!(同)

7/1(金)新バス路線「新綱島線」いよいよスタート!!(同)

アクセス&無料送迎バス(同)

法人サポーター会員:日吉自動車学校 提供)


カテゴリ別記事一覧