<港北区>2020年秋の「保留児童」「待機児童」は減少も市内最多は変わらず

横浜日吉新聞

2020年秋の港北区における「保留児童」「待機児童」と数は前年同時期より減少しましたが、保留児童805人、待機児童165人という数は、横浜市内18区で港北区がもっとも認可保育所へ入りづらい状態であることを表しています。

2020(令和2)年10月1日時点での横浜市18区別の「保留児童」「待機児童」の数(市の公表資料より)

横浜市こども青少年局が先月(2020年)12月24日に公表した資料では、2020年10月1日時点で港北区内の希望する保育所に入れない「保留児童」は前年同時期の915人から110人減となる805人、国が定めた基準による「待機児童」は同じく260人から95人減の165人となりました。

港北区内では、就学前の児童数が前年同時期から273人減ったことに加え、認可保育所の施設数を9つ増加したことなどで定員を523人増やしていました。

一方、保留児童は2番目に多い戸塚区と比べ194人多く、待機児童も同じく2番目の多さとなった神奈川区と比較して63人多く、市内18区で港北区が最多の状態は今も変わらないままです。

毎年、港北区内では認可保育所が増えているが区民のニーズに追い付いていない状況(区内でのイメージ写真)

港北区内では、今年2021年4月に横浜保育室からの転換2園を含めて日吉5丁目箕輪町3丁目綱島東3丁目樽町2丁目、大豆戸町、岸根町に6つの認可保育所を新設するほか、小規模保育園(小規模保育事業)も日吉本町5丁目綱島西3丁目に2園を開園する計画。認定こども園への移行も新羽町で1園が予定しています。

今年4月からの利用申請者に対する結果発表は今月1月27日(水)以降。入園希望者が満足できる通知を出せるのでしょうか。

【関連記事】

2020年4月の港北区「保留児童」減少、日吉・綱島で保育所不足は変わらず(2020年5月21日)

厳しさ続く日吉・綱島の保育所利用、1次結果の通知後も「200人待ち園」(2020年1月30日)

<市教委が推計>日吉台中で生徒急増、箕輪小は5年後倍増、綱島東も再度増加へ(2020年9月15日、日吉や綱島エリアを中心に小・中学校も児童生徒が増加予想)

【参考リンク】

港北区 保育所情報(申請や空き・待ち情報)

令和2年10月1日現在の保育所等利用待機児童数について(2020年12月24日、横浜市こども青少年局)


カテゴリ別記事一覧