相互乗り入れ

横浜日吉新聞

東急東横線の急行や特急・Fライナーで時おり見かける西武鉄道の青と白のステンレス車両が30周年を迎え、記念乗車券を発売するといいます。近年は水色のカラフルな新型車両も投入されつつあるなかで節目を迎えました。 この西武鉄道の …

つい先月ごろまで東横線でもおなじみだった古い電車がひっそり引退していました。東京メトロは副都心線や有楽町線で運行していた「7000系」の営業運転を先月(2022年)4月限りで終えていたことを公表し、感謝スタンプラリーなど …

通勤・通学時に少しだけ気にかけてみたいところです。最近、東急東横線や目黒線に新しい電車が投入されており、東急電鉄だけでなく、東京メトロ副都心線や西武鉄道も含め、2021年10月時点で3種類の新型車両が運行。来年(2022 …

東急東横線を走る車両にも変化が現れそうです。東京メトロは副都心線と有楽町線に新型車両「17000系(1万7000系)」をきのう(2021年)2月21日(日)から運行を始めると発表しました。 新型の17000系は、東横線な …

元町・中華街駅や横浜駅と埼玉県の西武秩父を結ぶ観光列車「S-TRAIN(Sトレイン)」があす(2020年)6月6日(土)から運行を再開します。Sトレインは新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月29日から運休していました。 …

東横線を走る“茶色の古い電車”が2023年3月までに廃止されることが決まりました。東京メトロは製造から30年以上経過した「7000系」と呼ぶ車両について2022年度(2023年3月末)までに新型車両へ置き換える方針を発表 …

【レポート】東横線の利用者なら少しは聞いたことがあるかもしれない「飯能(はんのう)」という駅名。日吉や綱島からも電車一本で行ける埼玉県の街に今月(2019年3月)16日、アニメで知られる北欧の童話「ムーミン」の世界を伝え …

ゴールデンウイーク(GW)前の金曜日に三度目となる秩父への「夜行列車ツアー」が企画されました。(2018年)4月27日(金)の夜遅くにみなとみらい線元町・中華街駅と東急東横線の元住吉駅から西武秩父を経由して三峯神社へ向か …

相鉄・東急直通線を建設中の鉄道建設・運輸機構(鉄道・運輸機構)は、同直通線の公式サイトで日吉駅付近工事や綱島トンネル工事、新綱島駅工事などについて、最新の工事進捗状況を今月(2018年2月)1日付けで公開しました。 日吉 …

初の東急電鉄乗り入れに向け、苦心の末に自慢の車両が完成しました。相模鉄道(相鉄)はきのう(2018年1月)17日、「相鉄・東急直通線」向けの新型車両を公開し、“東急仕様”とするために設計やデザイン面で苦心したことを明かす …

今年(2017年)2回目となる東横線から秩父へ「S-TRAIN(Sトレイン)」の車両を使った夜行列車ツアーが11月10日(金)に行われます。今回のツアーでは、新たに元住吉駅と渋谷駅から乗車できるのが特徴です。 西武鉄道な …

今年(2017年)3月、みなとみらい線と東急東横線、東京メトロ副都心線を経て埼玉県秩父(ちちぶ)市の西武秩父駅を結ぶ「S-TRAIN(Sトレイン)」が誕生しました。 横浜中心部から秩父まで、4つの鉄道会社を横断して110 …

カテゴリ別の記事一覧