港北区の人口は「36万人」を突破、横浜市外から春の転入超過が寄与 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

今月(2021年)5月1日、港北区の人口がついに36万人を突破しました。横浜市の独自集計によると36万53人となり、世帯数は17万7034世帯。3月と4月に横浜市外からの転入が1800人以上プラスとなったこともあり、36万の大台をわずかに超えました。

2021年5月1日時点の人口、港北区は36万53人となった(「横浜市人口ニュース」No.1137を加工)

港北区の人口は、今年3月1日時点で35万8327人(17万5217世帯)でしたが、市外からの転入超過数が3月中に727人、4月中は1088人となり、この2カ月間で市外から1815人増えたことが寄与。また、出生数から死亡者数を引いた「自然増減」も2カ月間で41人のプラスとなっています。

一方、横浜市内の他区から港北区への転入数は、3月と4月を合わせて158人のマイナスでした。他の区へ出ていく人は転入数より多かったものの、それをはるかに上回る人が市外から流入してきたことになります。

5月1日時点での36万53人の内訳は、女性の18万465人に対し、男性は17万9588人とわずかに少ない状態。1世帯あたりの人口は2.03人と減少傾向がみられます。

日吉や綱島を中心にマンションの新規建設が続いている

1平方キロメートルあたりの居住人口を示す人口密度は1万1467人となり、市内では南区(15661人)と西区(14921人)に次ぎ3番目に高い密度となりました。

横浜市が2018年に公表した将来人口推計では、港北区の人口が36万人に達するのは2024年と予測していましたが、実際にはそれよりも速いペースで増加が進んでいることになります。

なお、横浜18区では、鶴見区の人口が29万7315人となっており、30万人に近づきつつあります。港北区の36万人青葉区の31.1万人に次ぎ、人口30万人以上の「行政区」(選挙で選んだ独自の区長や議会を持たない行政区分)が市内に3つ誕生する可能性が高まる一方、人口10.4万人の西区や同12万人の栄区同12.2万人の瀬谷区など、人口の多い行政区と比較すると、3分の1程度の人口規模にとどまっている区もあるのが現状です。

【関連記事】

港北区の最新人口は「35万8600人超」、昨年秋の国勢調査で市が独自集計(2021年4月5日)

<2021年4月>希望する認可保育所に入れない「保留児童」は港北区で356人(2021年5月6日、市内「ワースト」が続く)

<市教委が推計>日吉台中で生徒急増、箕輪小は5年後倍増、綱島東も再度増加へ(2020年9月15日、区内では児童数1100人を超える“マンモス小学校”も出ている)

【参考リンク】

横浜市の推計人口・世帯数(最新情報)


カテゴリ別記事一覧