<東京2020五輪時>日吉駅から深夜2時の地下鉄、東横線は1時半に終電も | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

オリンピック期間中は、日吉駅を深夜2時過ぎに出発するグリーンラインの列車や、渋谷駅を1時30分ごろに出発する横浜駅行の東横線列車の設定が検討されています。

7月24日(金)から8月9日(日)の大会期間中は、郊外部へも終電時刻が繰り下げられる(東京都オリンピック・パラリンピック準備局のページより)

東京2020大会組織委員会と東京都は、東京2020オリンピック大会が行われる今年(2020年)7月24日(金)から8月9日(日)の期間中、東急電鉄や横浜市交通局(市営地下鉄)、JR東日本など首都圏19社局の約60路線で、通常の終電後などに運転する増発列車の概要をきのう(1月22日)発表しました。

東京2020オリンピックでは、1日で数試合を行わなければならないという会場の都合や、時差の大きい米国で深夜帯のテレビ中継が避けられることもあるのか、開会式や閉会式をはじめ、バスケットボールやサッカーなど一部競技の終了時間は23時から最大で23時45分となることが予定されています。

東京2020大会組織委員会と東京都では、8会場で競技の終了時刻が23時を過ぎることから終電の繰り下げや増発を要請していた(1月22日、東京都内)

そのため、組織委員会と都は、各競技会場から郊外部へも帰宅ができるよう、首都圏の鉄道会社に深夜帯の増発や終電時刻の繰り下げを要請。このほど、各鉄道会社の運転計画概要が決まったものです。

これによると、多数の競技会場が集中する東京都心部では、JR山手線や東京メトロ、都営地下鉄、りんかい線、ゆりかもめなどは、大会期間中に全線で30分から90分程度の終電時間の繰り下げと、通常の終電後にも増発列車を運転。

期間中は渋谷駅を1時30分ごろに出発する東横線の横浜行が最終電車となる予定

東急東横線では、大会期間中の終電を渋谷駅発1時30分ごろ(横浜行)に設定するほか、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)での競技開催時の帰宅対策などとして、菊名駅を0時50分ごろに出発する渋谷行や、2時ごろに出発する横浜行も設定。また、目黒線では目黒駅を1時20分ごろに出発する武蔵小杉行を終電とする計画です。

一方、横浜市営地下鉄グリーンラインでは、日吉駅の通常終電(0時40分発)時刻を大幅に繰り下げ、2時10分ごろに出発する中山行の運行を検討しているとのこと。

グリーンラインでは日吉駅を2時過ぎに出発する中山行が設定される可能性がある

組織委員会と都によると、競技の終了後に観客全員が競技場から退出する時間を30分から1時間と想定し、最寄り駅までのアクセス時間や混雑度合いなどを勘案したうえで、郊外部へも帰宅できるよう、鉄道会社に終電の繰り下げや増発を要請してきたといいます。

23時以降に終了する競技のうち、有明アリーナ(ゆりかもめ「新豊洲駅」から徒歩8分)での「バレーボール」や、埼玉スーパーアリーナ(JR京浜東北線など「さいたま新都心駅」から徒歩3分)での「バスケットボール」、武蔵の森総合スポーツプラザ(京王線「飛田給駅」から徒歩5分)での「バドミントン」など、比較的遠い競技場で観戦する場合でも、日吉・綱島駅までは帰宅することができそうです。

なお、組織委員会と都によると、大会期間中の運行ダイヤは4月に発表される予定のため、現時点の運行計画が変更される可能性もあるとのことです。

【関連記事】

<2020五輪のサッカー競技>日産スタジアム「男子決勝戦」は23時30分に終了予定(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年4月18日)

【参考リンク】

大会期間中の東京圏における鉄道の運行について(第2報)(東京都オリンピック・パラリンピック準備局、2020年1月22日公表)

東京2020オリンピック競技スケジュール


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧