手作り「鬼の豆箱」で節分を楽しむ、1/25(土)に日吉東急でワークショップ | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

冬から春へと季節を分ける「節分」がいよいよやってきます。日吉東急アベニュー(日吉2)は、節分にちなんだワークショップ「鬼の豆箱づくり」を、今週末(2020)年1月25日(土)11時から開催します。

日吉東急アベニューで1月25日(土)の11時から開かれるワークショップ「鬼の豆箱づくり」の案内(同店提供)

日吉東急アベニューで1月25日(土)の11時から開かれるワークショップ「鬼の豆箱づくり」の案内(同店提供)

今回のワークショップは、来月2月3日(月)の節分にちなみ、画用紙を切り貼りして鬼の顔をつくり、口の部分からは「コロン」と豆が飛び出す「てづくり節分アイテム」を制作するという内容。

親しみやすいデザインの「鬼の豆箱」で豆まきを行えることから、子どもたちにも季節感を伝え、節分を待ちわびる期待感を持たせながら、節分の当日を迎えることができそうです。

ワークショップは、本館2階の特設会場(カジュアル衣料店「ドゥ アルシーヴ(Doux archives)」横)の特設会場で17時まで、先着60人まで開催(人数に達し次第終了)。

日吉東急内の全店舗を対象に、当日購入した1000円(税込)以上のレシートを提示すれば1人が無料で参加可能となります。

所要時間は20分から40分。1人1回限り、小学生以下は保護者の同伴が必要。「大人も参加可能となっています。ぜひご家族でワークショップをお楽しみください」(同店)とのことです。

【参考リンク】

1月25日(土) 11時~開催「【節分ワークショップ】鬼の豆箱づくり」(日吉東急アベニュー)

日吉東急avenue(アベニュー)の公式サイト


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧