2019年春も港北区は「待機児童」「保留児童」市内トップ、定員500人増も追いつかず

横浜日吉新聞

今年の春も横浜市全体で見ると「待機児童」の数自体は減っていましたが、港北区は待機児童も保留児童も相変わらず増え続けています

横浜市は今年(2019年)4月1日現在の「待機児童数」と「保留児童数」を発表し、市全体で待機児童は前年同期比17人減の46人、希望する保育所に入れない保留児童数は同151人増の3231人でした。

2019年4月1日現在、横浜市内の各区別「待機児童数」と「保留児童数」(横浜市の発表資料より)

港北区内だけ見ると、待機児童数は市内で圧倒的トップの「18人」で、前年同期比3人増。

保留児童数は、同50人増の「557人」となり、2位で数が急増した戸塚区の471人を離して“不動の1位”を守っています。

一方、港北区内では前年度と比べて29人増となる506人分の保育所定員を増強。加えて、就学前児童数が前年比で122人減ったにもかかわらず、日吉と綱島を中心にマンションや住宅の新規分譲が続くなか、今も需要にまったく追いついていない状況がうかがえます。

港北区内の認可保育所などを利用する総数は7959人となり、8000人を超えるのは目前となりました。

(※)見出し左の画像はPhoto ACよりイメージ画像

【関連記事】

2019年4月の保育所「待ち人数」公表、”50人以上待ち”は日吉と綱島の園ばかり(4月11日、直近の状況)

日吉・綱島で「認可保育所」に入る厳しさ変わらず、2018年10月時点の待機児童が増加(2019年1月2日、昨年秋の状況)

3年間で約1658人の定員増も希望する保育所へ入れない「保留児童」はまだ500人超(2018年5月1日、昨年春の状況)

【参考リンク】

平成31年4月1日現在の保育所等利用待機児童数について(2019年4月23日、横浜市こども青少年局)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧