<微妙な値上げ>綱島~渋谷間が260円、高田~日吉の1カ月定期は8100円超

横浜日吉新聞

10月から鉄道の運賃と定期券代が微妙に上がります。来月(2019年)10月1日(火)からの消費税値上げにともない、東急東横線や目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインなどの公共交通機関で運賃改定が予定されています。なお、定期券は改定前の9月中に購入することが可能です。

東急における普通運賃の改定表(東急のニュースリリースより)

東急東横線・目黒線では普通運賃は1.782%、定期券では通勤1.939%、通学が1.909%の引き上げを予定。普通運賃のICカード(1円単位)と切符(10円単位)では引き上げ額が異なっています。

たとえば綱島駅から渋谷駅間では、ICカードが4円上昇(247円→251円)にとどまりますが、切符では10円上がって250円から260円に。

また、日吉駅から渋谷駅・目黒駅までは、切符が220円でICカードは216円でしたが、10月1日以降は切符の運賃は据え置かれ、ICカードは4円上げて220円の同額になります。

グリーンラインにおける普通運賃の改定表。右上がICカード運賃(横浜市交通局のニュースリリースより)

一方、横浜市営地下鉄グリーンラインでは、ICカードと切符の初乗り運賃が同額の210円となり、また、日吉駅や日吉本町駅、高田駅からセンター北・南駅への運賃は切符の場合で各10円の値上げ。

また、高田駅や日吉本町駅から日吉駅までの定期券が1カ月あたり130円の値上げとなり、8110円になるなどの改定が行われます。

10月1日以降の東横線・目黒線、みなとみらい線、グリーンラインの主要区間における運賃改定は以下の通りです。

<普通運賃> (※)カッコ内はICカード(1円単位)運賃、赤色数字は値上げ箇所

  • 綱島 → 渋谷:250円(247円)→ 260円251円
  • 綱島 → 目黒:220円(216円)→ 220円(220円
  • 日吉 → 渋谷・目黒:220円(216円)→ 220円(220円
  • 日吉・綱島 → 横浜:200円(195円)→ 200円(199円
  • 高田 → 日吉本町 → 日吉:210円(206円)→ 210円(210円
  • 日吉→ センター北・南:270円(267円)→ 280円272円
  • 日吉本町・高田→ センター北・南:240円(237円)→ 250円242円

<通勤定期券1カ月>

  • 綱島 → 渋谷:9,250円→ 9,440円
  • 綱島 → 目黒:8,130円→ 8,290円
  • 日吉 → 渋谷・目黒:8,130円→ 8,290円
  • 高田 → 日吉本町 → 日吉(1区間):7,980円→ 8,110円
  • 日吉・綱島 → 横浜:7,390円→ 7,530円

【関連記事】

東急「鉄軌道旅客運賃の認可および改定について」

横浜市交通局「消費税率改定に伴う運賃改定について」


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧