東急バスや臨港バスなど、増税対応でICカードも現金と同一運賃に

横浜日吉新聞

来月から路線バスの運賃ICカードと現金で同じ金額となります。(2019年)10月1日(火)からの消費税値上げにともない、東急バスや川崎鶴見臨港バス(臨港バス)、横浜市営バスなどは、現金での初乗り運賃を据え置き、増税分としてICカード運賃のみを上げ、現金と同一の220円(川崎市内のみ利用時は210円)とします。

東急バスや臨港バス、横浜市営バスなど各社ともにICカード運賃のみを値上げし、現金と同じ220円(川崎市内のみ利用時は210円)とする(綱島駅)

これは、東急バスや臨港バス、横浜市営バス、川崎市バスなどがいずれも同じ対応で、ICカード運賃に数円を加算し、現金と同じに値上げするものです。

通勤定期券については、各社で値上げ幅が異なり、たとえば東急バスは、横浜市内の1カ月定期券(9620円)を230円上げ9850円に、川崎市内全線定期券(9180円)は9400円に220円の値上げとしました。

このほか、東急バスが運行する武蔵小杉駅と羽田空港を結ぶ高速バスは片道940円と20円の値上げとなります。

【関連記事】

<微妙な値上げ>綱島~渋谷間が260円、高田~日吉の1カ月定期は8100円超(2019年9月9日、鉄道も値上げ)

<日吉発着の高速バス>6/28(金)から50円~200円の運賃上昇、Web割新設も(2019年6月5日、日吉発着の高速バスはすでに改定済み)

【参考リンク】

消費税率引上げに伴う運賃改定のお知らせ(東急バス)

消費税率引き上げに伴う乗合バスの上限運賃改定申請について(川崎鶴見臨港バス)

消費税率改定に伴う市営バス・地下鉄の運賃改定について(横浜市交通局)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧