<週間ランキング>綱島駅の歩行環境、慶應高の文化祭、酒場放浪記の記事に注目

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2018年10月)26日(金)から今月(11月)1日(木)までの7日間で計17万9374ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、10月26日(金)に公開した「綱島駅東口の『子母口綱島線』横断歩道、歩行スペース拡大へ駐輪場の一部活用も」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 綱島駅東口の「子母口綱島線」横断歩道、歩行スペース拡大へ駐輪場の一部活用も(10月26日、8,670)
    → 綱島東1丁目の大綱橋側にある歩道は駅に近づくにつれ狭くなり、信号待ちのスペースすら満足に確保できていません。そのため、市は駐輪場の改装時に歩道スペースとして活用することを検討しているといいます。新綱島駅の開業後は綱島駅との連絡ルートとなるだけに、少しでも改善を期待したいものです
  2. <慶應塾高>2018年の文化祭「日吉祭」は今週末10/27(土)・28(日)に(10月24日、2,666)
    → 2週連続でランキング登場となりました。初日は少し風が強かったのですが、2日間とも天候に恵まれ、多くの来場者が見られました。9月に完成したばかりの校舎「日吉協育棟」を見学する保護者も目立っていました
  3. 「酒場放浪記」に日吉の老舗居酒屋が初登場、10/29(月)夜にBS-TBSで放送(10月25日、3,933)
    → 2週連続でランキング登場、番組内では「日吉の森庭園美術館」を訪問した後、普通部通り近くの焼鳥店「鳥雄(とりゆう)」へ立ち寄り、同店自慢の「おでん」や焼鳥を味わっていました。今なら動画も公開されています。来週月曜日は大倉山の天ぷら居酒屋を訪問するとのことです
  4. 大綱橋の綱島側”全国チェーン出店競争”、老舗のローソンが11月末閉店を告知(10月30日、3,959)
    → 昨年からローソン、セブンイレブン、HACドラッグ、まいばすけっとが“新駅期待”で狭い範囲で競合することになってしまった大綱橋の綱島側で、老舗のローソンが閉店することになりました
  5. 変わりゆく店舗風景を反映、南日吉商店街が”イラストマップ”を約3年ぶり更新(10月29日、3,576)
    → 定期的に更新されている南日吉商店街のイラストマップが発行されました。前回の2015年版と比べ、店舗が閉店しているところもあり、時間の経過を感じます
  6. 綱島街道沿い箕輪町1丁目、相鉄直通工事で半世紀の歴史持つ「新聞販売店」が移転(10月30日、3,298)
    → 半世紀間にわたって同地にあった読売新聞の販売店が相鉄・東急直通線工事の影響で南日吉商店街へ移転となりました。今後同地跡は地下通路の用地として使われる予定です
  7. 綱島駅構内の改札外「売店」が10月末に閉店、東横線高架橋の耐震工事で(10月26日、2,773)
    → 駅売店の「LAWSON+toks(ローソンプラストークス)綱島駅店」が10月末で閉店となりました。高架橋の耐震工事後に再オープンの意向はあるものの、駅ビルに次いで売店も消えたことで、当面は駅利用者は不便になりそうです
  8. 日吉の喫茶まりもが12/20(水)で38年余の歴史に幕、風景彩るビルも解体へ(2017年11月6日、2,553)
    → 同店の解体を取り上げた情報番組の再放送が行われたようで、再び急に読まれました
  9. <週間ランキング>綱島温泉最古の旅館跡が解体、日吉の居酒屋がTV番組登場(10月27日、1,992)
    → 先週の週間ランキングが入りました
  10. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、2,313)
    → 7週連続でランキング登場となりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧