富士山のスキー場「イエティ」へ日吉から高速バス、今年は12/1(土)から運行

横浜日吉新聞

富士山二合目のスキー場「スノータウンイエティ」(静岡県裾野市)を結ぶ臨時高速バスが今年(2018年)のシーズンも日吉駅東口から運転されます。

スノータウンイエティへの臨時高速バスは、東急バスと富士急バス系の2社で共同運行している(昨年12月)

東急バスと富士急バス系が運行し、昨年から日吉駅へ乗り入れているこのバスは、富士急行系列のスキー場「スノータウンイエティ」と、その先にある遊園地「ぐりんぱ」までの約120キロを3時間15分で結ぶ臨時バス。

日吉から日帰りでスキーやスノーボードを楽しめるような運行形態となっており、往路は日吉駅を朝6時50分に出発、現地に約6時間の滞在ののち、復路は日吉駅に18時40分に到着するスケジュールです。

スノータウンイエティは日本一早い時期に滑れるスキー場として知られ、今年も10月19日にオープン済み(イエティのニュースリリースより)

今年は来月(2018年12月)1日(土)から来年3月24日(日)までの土曜と休日に加え、冬休み期間中(12月22日~2019年1月6日)と、スキーシーズンの2月1日(金)から3月24日(日)までの毎日に運転を予定しています。

運賃は日吉駅から大人片道1800円、小児は同900円。往復乗車券とリフト券のセットは大人6300円、中高生5800円、小児3700円。往復乗車券とリフト券に加え、「スキー一式」または「スノーボードセット」のレンタル(ウェアなどは別)が付いたセット券は、大人8800円、中高生7800円、小児4800円。予約は乗車の1カ月前から受付となっています。

【関連記事】

もうスキー場がオープン、日吉駅から臨時高速バスも運行予定の富士山二合目「イエティ」(2018年10月16日)

<レポート>日吉から日帰りで「富士山二合目のスキー場」へ、冬季臨時バスも運転開始(2017年12月7日、日吉駅からのレポート)

【参考リンク】

横浜北部エリア⇔スノータウンイエティ・ぐりんぱ 行きの運行を開始します(冬季期間)(東急バス、2018年12月1日~2019年3月24日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧