<週間ランキング>伊藤忠商事の日吉寮完成や「コインランドリー」開店記事が読まれる

横浜日吉新聞

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年3月)16日(金)から22日(木)までの7日間で計21万7821ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1月6日(土)に公開した「『アピタテラス』が公式サイト、フードコートやレストランなど専門店の求人一覧も」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 「アピタテラス」が公式サイト、フードコートやレストランなど専門店の求人一覧も (1月6日、11,756)
    → 10週連続でランキング登場。来週30日(金)が“グランドオープン日”ですが、「28日(水)オープン」とチラシなどで打ち出しているテナントも見受けられます
  2. ユニーが全テナント発表、アピタテラスに「スタバ」や店内飲食テラス、貸会議室も(3月8日、10,070)
    → 3週連続でランキング登場
  3. 学生ハイツ跡地に「伊藤忠商事日吉寮」が完成、独身男性社員向けに7階建て361室(3月22日、7,537)
    → 2016年3月に半世紀の歴史を閉じた「日吉台学生ハイツ」の跡地に伊藤忠商事の男性社員寮が完成し、きょう24日から順次入居が始まります。企業の事業所撤退が続く日吉で、企業に関係する施設が新たにできるのは久しぶりのことといえそうです。なお、NHKでは「豪華な社員寮」として詳しく取り上げていました
  4. 日吉7丁目に続き綱島SST至近でも「コインランドリー」、3/16(金)に開店(3月16日、5,314)
    → 共働き家庭の増加を背景にコインランドリー業界が元気です。量の多い洗濯を一気に済ませられる点もうけているようです。綱島SST裏手にも開店することになりました
  5. 東急バス停に残った”松下通信”の名、まちびらきを機に「綱島SST」へ変更(3月19日、4,906)
    → 2011年に松下通信工業の工場撤退後もバス停名はそのままでしたが、26日(月)の“まちびらき”を機に停留所名も変わることになります
  6. 綱島東エリアでの「綱島街道」拡幅、2023年3月までに”一定の進捗”図る(3月15日、4,346)
    → 2週連続でランキング登場、綱島の次は日吉エリアでの着手も期待したいところです
  7. 10周年の日吉東急アベニュー、3/22(木)から「福袋」や”ドリームプラン”販売(3月21日、3,309)
    → きょう24日(土)は11時と14時に東急グループのキャラクターもやってきます。6つのプランを特別価格で販売する企画も4月4日まで購入応募が可能です
  8. 綱島公園の花満開なるか、平成とともに歩む2018年桜まつりは3/31(土)(3月20日、3,287)
    → 平成元年(1989年)に始まった「桜まつり」は今回で30回目、となるはずでしたが、1995年の阪神・淡路大震災時と2011年の東日本大震災時は中止となっているので28回目となっています。昨年は雨で順延しましたが、今年は好天と満開を期待しています
  9. 下田地蔵尊前バス停の旧飲食店が解体、跡地に一戸建て、停留所は道路上に(3月20日、2,991)
    → コンビニや飲食店などとして使われていた土地でしたが、閉店後は住宅ということになりました。強い住宅需要はあっても、地域での商売は上手くいかない、というのが日吉エリアの傾向かもしれません
  10. <開港資料館>綱島温泉を発見したのは誰か、戦前までを振り返る研究を発表(3月19日、2,402)
    → 綱島温泉の歴史を学術面から体系的にまとめられたのは初めてのことといえます。連れ込み宿として使われたこともあるという歴史から、昔から住む人にとってはあまり触れられたくない、という傾向もありましたが、講演の満席ぶりを見ていると、関心は高いと思われます。記事では当日の講演を詳細にレポートしています

※新横浜エリアの週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧