「アピタテラス」が公式サイト、フードコートやレストランなど専門店の求人一覧も

横浜日吉新聞

今年(2018年)3月下旬のオープンを予定している大型スーパー「アピタテラス横浜綱島」(綱島SST内)がきのう(1月5日)時点で公式サイトを開設するとともに、別に専門店の総合求人情報サイトも公開され、今月25日(木)には新横浜のホテルで合同面接会を行うことを告知しています。

アピタテラス横浜綱島の公式サイト、1月5日現在は「オープニングスタッフ募集サイト」へのリンクくらいしかコンテンツはないが、専門店数は60におよぶため、3月下旬に向けて情報が順次追加されていくとみられる

5日現在、公式サイトには「アピタテラス横浜綱島 2018年 春 Grand Open」「『素敵』と『快適』が揃う、アピタ食品館と60の専門店」とのキャッチコピーと、グーグルマップを埋め込んだ地図のみが掲載されており、まだコンテンツはない状態です。

一方、これとは別に昨年末から制作されていた「オープニングスタッフ募集サイト」は、求人情報企業のアイデムが運営に携わっているとみられ、アイデムが運営するアピタテラス横浜綱島専用の「お仕事紹介サービス」(リンク)のページも設けられていました。

テナントの合同面接会は今月25日(木)の10時から16時まで、新横浜のアリーナ通りにある「新横浜国際ホテル(マナーハウス)」で行うと告知しています。

1月5日現在で「オープニングスタッフ募集サイト」に掲載されている専門店の求人は次の通り。店舗名部分のリンクは、ブランドの公式サイトまたは公式ページへのリンクです。

以上の11店のほかに、アイデムが運営する求人情報サイト「イーアイデム関東」には、

  • 【販売・レジ・品出し】ユザワヤの新店舗が2018年3月下旬に(仮称)アピタテラス横浜綱島にOPEN!(リンク=2月1日まで掲載)

と題した求人も掲載されており、毛糸・手芸の専門店チェーン「ユザワヤ」もアピタテラスへの出店を告知しています。

3月下旬のオープンに向けて内装工事などが進む「アピタテラス」(1月4日)

一方、横浜市内を中心とした外食フランチャイズチェーン運営企業で、綱島駅前では「ミスタードーナツ綱島駅前ショップ」も担当している株式会社ヨコハマフーズ(神奈川区)が「いきなり!ステーキ」の出店予定地として、アピタテラスの名をあげ、正社員の求人(リンク=1月10日まで掲載)を行っています。

セイハ英語学院などを展開するセイハネットワーク(福岡市博多区)が福井県のIT企業ナチュラルスタイルと共同で全国展開を目指す幼児・小学生向けプログラミング教室「ぴこラボくん」は、教室案内ページに「アピタテラス横浜綱島」(リンク)を掲載。

首都圏を中心に出店中のネイルサロン「ティアラリュクス」もネイリスト求人専門サイトにアピタテラス店などの求人を行っていました(リンク)。

メガネチェーンの「Zoff(ゾフ)」は、勤務地にアピタテラスなどの明記はありませんが、同ショッピングセンター(SC)を感じさせる「綱島駅周辺SC店(仮称)」という名で、オープニングスタッフの求人を自社求人サイト内(リンク)に掲載しています。

(※「アピタテラス横浜綱島」への出店テナントに関する最新情報はこちらをご覧ください)

【関連記事】

綱島SSTのアピタテラス内に新設、横浜市「生きがい就労支援スポット」の役割とは(2017年10月27日)

アピタテラス綱島、「カルディコーヒーファーム」が1階への出店を求人で告知(2017年10月24日)

綱島SST“アピタテラス”の食品スーパー「アピタ食品館」が求人、レジなど150人募集(2017年9月25日)

【参考リンク】

アピタテラス横浜綱島の公式サイト


関連スポンサー広告(グーグルから配信)